ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチの初期の作品で人気を盛り上げた『アームズ』が現在ニンテンドーeショップで40%OFFで販売、DEMOも公開へという記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチの初期の作品で人気を盛り上げた『アームズ』が現在ニンテンドーeショップで40%OFFで販売、DEMOも公開へという記事が掲載中。夏休みが始まる中で、もうひと盛り上がりして欲しいでしょうし、そのための施策といえそうですね。...

『ニンテンドースイッチ『オクトパストラベラー』の開発を担当したデベロッパー、アクワイアの社長の遠藤氏が、七夕の短冊にソフトがたくさん売れるようにと願いを込めて書いていたというショット記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチ『オクトパストラベラー』の開発を担当したデベロッパー、アクワイアの社長の遠藤氏が、七夕の短冊にソフトがたくさん売れるようにと願いを込めて書いていたというショット記事が掲載中。実際にはかなりのヒットを予感させていますよね。...

『古き良き時代のRPGを再現したニンテンドースイッチ『オクトパストラベラー』は客層が高めで、自分から情報を集めて品定めをするゲーマーが購入しているだろうとしたIGN記事』が掲載中。

古き良き時代のRPGを再現したニンテンドースイッチ『オクトパストラベラー』は客層が高めで、自分から情報を集めて品定めをするゲーマーが購入しているだろうとしたIGN記事が掲載中。日本ではどこまでヒットが長続きするのか期待したいところですね。...

『お金持ち企業ランキングにおいて、日本では任天堂が第2位だと伝えるショット記事』が掲載中。

お金持ち企業ランキングにおいて、日本では任天堂が第2位だと伝えるショット記事が掲載中。ゲームメーカーでありながら、未だに無借金状態が続いており、安定したキャッシュフローが任天堂を支えていて、これから続く大型プロジェクトにも期待が集まりますね。...

『日本では2018年度内となっていて、発売時期が未定のバンダイナムコ『GOバケーション』が北米、欧州、韓国などで発売が7月27日に決定している記事』が掲載中。

日本では2018年度内となっていて、発売時期が未定のバンダイナムコ『GOバケーション』が北米、欧州、韓国などで発売が7月27日に決定している記事が掲載中。日本だけが時期未定であって、どういう調整をしているのかといえますね。...

『ニンテンドースイッチの2018年上半期で121万台の本体が売れていたとしている記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチの2018年上半期で121万台の本体が売れていたとしている記事が掲載中。昨年から増加しているものの、昨年は3月からの統計になっており、実質3ヶ月間しかなかったとしていて、その辺を指摘していますね。...

『日本における3DSファミリーのハードが前年度比43%と苦戦していると伝える記事』が掲載中。

日本における3DSファミリーのハードが前年度比43%と苦戦していると伝える記事が掲載中。携帯機の需要そのものが減少しており、その行く先にはニンテンドースイッチがあるとしていて、受け皿はあるんですが、厳しい現実となっていますね。...

『アンリアルエンジンの最新版となる4.20がニンテンドースイッチに向けて提供開始とした記事』が掲載中。

アンリアルエンジンの最新版となる4.20がニンテンドースイッチに向けて提供開始とした記事が掲載中。どういった点が改善されているのかというものであって、予想している以上に多岐に渡るようで、今後更なるクオリティーアップに期待したいですね。...

『『Prey』などの開発デベロッパーで有名なArkane Studiosが、ニンテンドースイッチのSDKに知識がある人を募集しているとした記事』が掲載中。

『Prey』などの開発デベロッパーで有名なArkane Studiosが、ニンテンドースイッチのSDKに知識がある人を募集しているとした記事が掲載中。今は様々なデベロッパーがこのような動きを見せているので、それがいつ花開くかというものといえそうですね。...

『2.5Dゲーとして制作されたスクウェアエニックス『オクトパストラベラー』に対し、どの程度の水準で動いているのかという環境面を調べた記事』が掲載中。

2.5Dゲーとして制作されたスクウェアエニックス『オクトパストラベラー』に対し、どの程度の水準で動いているのかという環境面を調べた記事が掲載中。描写が独特ですが、それをハードウェアではどのようにこなしているのかという部分が影響していそうですね。...

スポンサードリンク