ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア II』にTPS(三人称視点)モードを導入した理由をクリエイターに聞く、その答えは?



『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア II』にTPS(三人称視点)モードを導入した理由をクリエイターに聞く、その答えは?としていて、その辺はFPSゲームだっただけに、TPSを取り入れた事についてどのような考えがあったのか?


――TPS(三人称視点)モードを導入した理由を教えてください。当時は“おもしろいけどあまり使われなかった機能”という感じでしたが、いまはTPSゲームも人気があります。

ジェフこれは長年温めてきた挑戦的な試みだったりします。ハイクオリティーなキャラクターを作って、同じようにマップも作りました。自分たちは三人称視点のゲームも遊びますから、三人称視点モードを試してみたくなったんです。

 三人称視点でうまくいく種のゲームというものがある中で、我々の芯はあくまでも一人称視点のゲームではあります。ですのでADS(照準を覗き込む動作)をすると一人称視点になるし、銃に付けているスコープなども使えて射撃がやりやすくなる。

 ただこれは、オープンベータ中にオン・オフできる変種の楽しみのひとつという感じでした。ハードポイントでオンにして、サーチ・アンド・デストロイやバトルロイヤルでもオンにできる。「今週末はバトルロイヤルでスペシャル三人称視点モードやろう」みたいなことをやるものです。それを楽しむ人はいるし、そうでない場合もちゃんと一人称視点で遊べるものもあるといった形です。

『CoD モダン・ウォーフェア2』開発陣にインタビュー。オープンベータ第2回では大型マップ用モードが登場&レベルを30まで解放予定
――では最後に、好きな銃と第2回オープンベータを待っている日本の『CoD』ファンにメッセージをお願いします。

ジェフM4プラットフォームが好きですね。中でも単発のライフルになる……。

ジョーMK2カービン? 僕が言おうと思ってたのに取るんですか?

ジェフ好きなんだから仕方がない。私たちはたくさんのオートマチック銃を使うけども、あの銃はほかとは違っていて、違うペースでスキルショットを狙っていくようなことができる。

 自分としては前線に上がりすぎず、かといって下がりすぎない中距離が好きだから、気分を変えながら中距離スナイパー的な立ち回りができる、ああいった銃が好きですね。

 日本の皆さんには、FPSが大きくなかった日本市場にもちゃんとアピールできて、遊びたいと思っていただけるゲームを作れるのはありがたいことです。

ジョーMK2カービンと言おうとしていたんですが、ポンプショットガンで走り回るのも好きですね。高リスクなプレイが好きなんです。敵を発見したら即座にADSしてMK2カービンのヘッドショットを狙っていくような。それで距離を詰めてくるならショットガンに持ち換えて迎撃するとかもいいですね。

 勝利を目指した戦いをつないでくれるのは、M4とかAK-74とか中距離で戦えるものですが、MK2カービンとかショットガンは別の楽しさがあります。

 ライフが1個だけのサーチ・アンド・デストロイとか、Invasionモードとか、本当に幅広いものがあるゲームを作れるのはゲーム開発者としてもそうないものですので、世界のさまざまな場所で何が受けるのか非常に楽しみにしています。

 DMZモードについてはまだ多くを話していませんが、それについても世界中の皆さんがプレイしたときにどう感じるのか本当に楽しみですね。


関連リンク


ずっとFPSで貫き続けていた中で突然のTPS採用ということで、ゲーム感覚もかなり変わると思いますが、どっちを使うかはプレイヤーに委ねているようですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment