ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

バランワンダーワールドが2021年最悪のゲームだって?とんでもない!とてもよくできたアクションプラットフォームゲームであると紹介!



バランワンダーワールドが2021年最悪のゲームだって?とんでもない!とてもよくできたアクションプラットフォームゲームであると紹介!としていて、その辺はどのような見地に立ってゲームを遊ぶかという話のようですね。


ソープボックスは、話題のテーマや気になったことについて、各ライターが自分の意見を述べることができる機能です。本日は、過去1年間で『最悪』と呼ばれたゲームへの愛と賞賛について、Stuart氏が語ります・・・。

こんにちは、スチュアート・ギップです。『バラン・ワンダーワールド』はかなりいい出来だと思います。

そればかりか、このゲームに投げかけられる批評の大半は、特に妥当なものとは思えません。中裕司氏の代表作とされる本作は、『今年最悪のゲーム』とは程遠く、実のところ、我々にとって必要不可欠な、極めて楽しいゲームであり、いつかその価値が認められ、尊敬を受ける日が来ると信じている。

だが、Switchではそうはならない。私はバカではないので、ダメなものはダメだとわかる。Switchの『バランワンダーワールド』は、毎秒30フレーム以下、笑えるほど低い解像度で動作する、ちょっと絶望的な惨状だ。XSX/S、PS4/5、PCなど、ほぼすべての選択肢が望ましいという事実に私は手を挙げている。どれもバランが良くできている。一方、任天堂のユーザーは、ついに『Switch Pro』を求める正当な理由ができた。『バラン・ワンダーワールド』を納得のいく水準でプレイするためだ。

それで、どういうことなんだ?バランが業界を席巻しているのはなぜか?中裕司氏は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の事実上のクリエイター(大島直人氏には脱帽)であり、彼のプロジェクトは同じ批判レンズの下に置かれる傾向がある--つまり、少し不誠実でしばしば誤った情報に基づいている。

好むと好まざるとにかかわらず、ソニックは何年も前から冗談のような存在だった。シリーズの混乱と方向性の定まらないゲーム(時折、金字塔を打ち立てることもあったが)が『ソニック・サイクル』のようなミームを生み、ファンダムを悪意を持って読み解くことで多くのソニック『ユーモア』が生まれたのである。ソニックの生みの親が手がける新作ゲームとなれば、それこそ殴り込みをかけてもよさそうなものだが。その批評が妥当であり、現実に即しているのであれば、牛が帰ってくるまでバランを批評しても構わないのだ。しかし、そうでないことも多いのです。

James Stephanie Sterlingの『2021年のS*****なゲーム』ビデオでは、特に方向性のない暴言の中でバランワンダーワールドを挙げているが、私にとっての決定打は、明らかに奇妙な特徴に特に焦点を当てたことである。そのNPCに近づくと、フェードアウトして消えてしまうのです。ちょっと不思議ですか?そうですね。でも、それがゲームを悪くしているかというと、そうでもありません。いいえ、もちろんそんなことはありません。ちょっと考えればわかることだが、その理由は2つある。

まず、ワンダーワールド、夢の世界であること。不思議なことが当たり前のようにある。奇異なものが漂い、視界から消える。目の前の地形は起伏に富んでいる。BGMのリズムに合わせて、純粋なエネルギーの波紋が風景にきらめく。消えゆくダンサーは、まさにその美学の一部なのです。次に、より現実的な話として、キャラクターを移動させるエリアの散らかりを解消してくれる。これは多くのゲームで行われていることです。多くのゲームでは、カメラを特定の位置に移動させると、NPCが見えなくなったり、透明になったりします。バランもそうですが、開発者が作り上げた奇妙で幽玄な世界にふさわしい、より顕著で効率的な方法だと思います。

この点は、些細なことに思えるかもしれませんが、私がこのゲームのレビュアーから指摘されるほとんどの問題の縮図なのです。

もうひとつの例は、評判の悪い1ボタン操作です。このゲームでは、自分の能力を根本的に変えるコスチュームを集めることになる。つまり、能力を与えてくれるのです。例えば、クモの着ぐるみなら壁を登れるし、ブタの着ぐるみなら『ヨッシー』のように地面に叩きつけられるし、ドラゴンの着ぐるみなら火を噴くがジャンプできない。例えば、クモのスーツは壁を登り、ブタのスーツはヨッシーのように地面を踏みしめ、ドラゴンのスーツは火を噴くがジャンプはできない。そこで、このゲームの戦略が生まれる。これがこのゲームの難しさです。

1つには、コスチュームの切り替えにバンパーを使う必要があるため、実際には1ボタンではないことが挙げられます。ヒットすると持っているコスチュームが失われ、最後の難関である収集品を手に入れるためにステージを再移動しなければならないこともある。ゲームプレイが下手で進行不能になるのは、この媒体では普通のことであり、バランワンダーワールドを非難することはできない。コスチュームやパワーを別のステージから持ってくる必要がある場合がある。カービィがよくやっていることです。でも、バラン・ワンダーワールドだから、これはもうダメですね。

この特集のためにバラン・ワンダーワールドを再訪したとき、実は発売時よりもさらに気に入っていることを発見し、嬉しくなりました。AAAと呼ばれるゲームでは、プレイヤーの手を煩わせるようなことはしないが、バランでは、ただ世界に放り込むだけでいいというのが嬉しいのだ。ステージを遊び尽くしてもなお、複数の収集物を取り逃がすことがあり、探索好きにはたまらない。また、『行けるはずのない』ステージを攻略するために、ちょっとしたアスレチックをしてみたら、隠れた名作が見つかったり。

バラン・ワンダーワールドが完璧だと言っているわけではない。明らかにそうではない。Switchの移植版は、前述のとおり下痢気味だ。ボタン1つで操作する方式はゲーム内では有効だが、メニュー内では苦痛になることがある。しかしこれ以外に、新作でこれほど楽しめたゲームはなかなか思い浮かばない。若いころに好きだったプラットフォーマーを思い起こさせるタイトルを、スムーズでシンプルな操作で自由に探索できる--『不正確』と評したレビューは理解できないが・・・率直に言って、ちょっとした喜びを感じることができた。

特に時間とともに品薄になるこのゲームは、コミュニティーの評価が死後に少し上がることを十分期待している。完璧か?もちろんそんなことはない。2021年の最悪のゲームか?とんでもない。私は『スーパーマリオ3Dワールド』よりも『バラン・ワンダーワールド』をもう1本選びたい。


関連リンク


バランワンダーワールドは実は名作だとしていて、その遊び方をよく理解していないだけだとしており、昔ながらのゲーム好きには楽しめるものになっているそうですね。その辺は欧米のAAAゲーに毒されているのかもしれませんね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

3 Comments

ゲーム情報さん  

君カービィもマリオもやったことないでしょ

2022/01/01 (Sat) 14:31 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

これは海外のサイトで語られていたことですから、
自分の意見ではないんですよね。
その辺は『関連リンク』で海外サイトを
参照にしてくれればと思います。

2022/01/01 (Sat) 14:55 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

あっ・・・ふーん(察し)
そういうことするブログなんだ・・・

反ワクチンブログ以下

2022/01/01 (Sat) 16:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment