ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

モータルコンバットHDリメイクについて、それを実現させたいEyeballisticが嘆願書を集めて奔走、復活なるか?を紹介!



モータルコンバットHDリメイクについて、それを実現させたいEyeballisticが嘆願書を集めて奔走、復活なるか?を紹介!としていて、どのような経緯があって、今に至っているのか説明していますね。


Nintendo Switchでのモータルコンバット トリロジーリメイクを夢見ている方は、Eyeballisticの嘆願書をチェックしてみてはいかがでしょうか。

この同じチームが、2016年に『Mortal Kombat HD』でシリーズの共同制作者であるEd Boon氏にアプローチした。彼は大賛成でしたが、ワーナー・ブラザーズ(モータルコンバットのIP所有者)はこのプロジェクトにそれほど信頼を置いておらず、おそらくこのゲームが世界で10万本以上売れるとは確信していなかったと思われます。

しかし、Eyeballistic が複数のプラットフォーム向けにゲームを制作する契約を締結し、合法的な開発グループとなった今、Eyeballistic はもう一度チャレンジしたいと考え、Change.org に嘆願書を提出しました。それに伴い、上記のような概念実証も行われている(ちなみに、素晴らしい出来栄えだ)。

署名はすでに15,000人を超え、ウェブサイトでは25,000人を目標に掲げていますが、チームでは全部で10万人のサポーターを求めていると言います。また、ソーシャルメディアでは、#BBMKT(bring back Mortal Kombat trilogy)というハッシュタグを使ったキャンペーンも展開されています。

さらにEyeballisticは、GGPOをさらに改善し、遠距離でのプレイをスムーズにするために、独自の技術でオンライン・ロールバック技術を強化していることを説明しています。これを実現するために、Epicのオンラインサービスを利用する予定です。これにより、本作はクロスプレイにも対応し、FGCのトーナメントシーンに歓迎されるチャンスも生まれます。

さらに、開発者は『すべてのステージとキャラクターの細部を丹念に再現』し、3Dで再現する予定です(致命傷、残虐性、生気など)。キャラクターとステージは、対応プラットフォームでは4Kに改修され、60fpsのゲームプレイが可能になります。音楽もすべてリメイクされる予定です。

『リリース対象プラットフォームは、Nintendo Switch、Xbox Series、PS5、PCとなります。ゲームの価格は39.99ドルで、オリジナルのMKトリロジーが持っていたもの全てに加え、標準のオンラインマッチングとワールドワイドリーダーボードを含むと予想しています。もし、このリメイクを実現させたいのであれば、ぜひ署名活動で支援を表明してください。10万人を超えたら、クラウドファンディングを利用して、ゲームが飛ぶように売れることをさらに実証する計画でWBにアプローチします!』 とコメントしています。


関連リンク


嘆願書を集めて復活にアピールしていますね。どれだけの署名が来るかというものですが根強いファンに支えられて今があるので可能性はありますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment