ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Quantic DreamがThe Game Awards 2021で『Star Wars Eclipse』を発表して話題になった中で、同社内で抱えている問題がリーク師によって浮きぼりに、その中身とは?



Quantic DreamがThe Game Awards 2021で『Star Wars Eclipse』を発表して話題になった中で、同社内で抱えている問題がリーク師によって浮きぼりにとしていて、その中身とは?という話のようですね。



Quantic DreamがThe Game Awards 2021で『Star Wars Eclipse』を発表したとき、ファンの間で関心が高まりました。しかし、報道では、このタイトルは数年先の話であり、スタジオ内部のエンジンに加え、有害な職場文化の疑惑を受けたスタッフの雇用に苦労し、開発が滞っていることが指摘されていました。

新しいビデオでは、インサイダーのTom Henderson氏が開発の現状と、『Star Wars Eclipse』がトラブルに見舞われる可能性があると考える理由を明らかにしています。元々、Project KarmaというコードネームでMMORPGとしてスタートした本作は、当初ソニーに提案されていました(ソニーはDetroit: Become Humanを優先し、これを拒否)。Quantic Dreamは前者のアセットを使って、ルーカスフィルムに『スター・ウォーズ』の新作を売り込むことになる。

興味深いことに、同スタジオはより多くのリソースを得るために売却も視野に入れていたが、さまざまな非難によって関心を持つ関係者が離れていったという。Henderson氏は、数人のNPCと限られたレベルしか扱えない開発エンジンが引き起こす問題を改めて強調しています(Eclipseはオープンワールドになると噂されていますが)。また、マルチプレイの方にも問題があるようです。

おそらく最悪なのは、1年半以上も開発が続いているにもかかわらず、プレイアブルバージョンが存在しないことだろう。そのため、特に開発元とLucasartsが2024/2025年の発売を視野に入れているならば、事態は好転する可能性があります。しかし、現状はあまり芳しくなく、スタッフの問題が続けば、開発はさらに長期化する可能性があります。


関連リンク


発表されて話題になっていましたが、現状はかなり問題を抱えているとしており、完成も数年後になる見通しだとしており、開発スタッフとの対立もあるようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment