ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ここ2年ほど、伝説的なホラーシリーズ『サイレントヒル』の復活に関する噂が大量に飛び交い、コナミが所有する他のシリーズと同様、同社が大作ゲームに注力するため、ほとんど休眠状態の中、始動するかどうか



ここ2年ほど、伝説的なホラーシリーズ『サイレントヒル』の復活に関する噂が大量に飛び交い、コナミが所有する他のシリーズと同様、同社が大作ゲームに注力するため、ほとんど休眠状態の中、始動するかどうかとしており、その辺はどうか?


ここ2年ほど、伝説的なホラーシリーズ『サイレントヒル』の復活に関する噂が大量に飛び交っている。このシリーズは、コナミが所有する他のシリーズと同様、同社が大作ゲームに注力するようになったため、ほとんど休眠状態となっていた。小島監督がソニーと組んで新プロジェクトを立ち上げるとか、日本の無名デベロッパーがプロジェクトを立ち上げるとか、コナミとの提携を発表したBloober Teamがタイトルを立ち上げるとか、噂はあちこちにある。しかし、まだ何も見えてきません。今年のThe Game Awardsでギレルモ・デル・トロ監督がこのフランチャイズに言及したとき、再び眉がひそめられました。多くの人はそれをからかい半分と見たが、彼によると、それは何よりもコナミに対するジャブであったという。

ご存じないかもしれませんが、コナミとの分裂前に小島プロダクションが開発した『P.T』という技術デモがあります。この謎のデモは結局、小島プロダクションが開発した『Silent Hills』というタイトルのティーザーで、デル・トロ氏と伝説のホラー漫画家/画家の伊藤氏の両方が参加することになるものだった。しかし、そのプロジェクトは実現することなく、本格的な開発に至る前にキャンセルされ、伊藤氏は一度も作品を提出することもありませんでした。 デル・トロ氏はコナミの動きを嫌っており、最近のHappy Sad Confused Podcastでのインタビューでは、ゲームアワードでのコメントはコナミに対する単なるジャブであり、自分はサイレントヒル新作には取り組んでおらず、将来的にゲーム開発に関わることはないだろうとまで言っていると説明しました。

『私の人生において、意味のないことのひとつです。コナミの肋骨をくすぐりたかったんです。それはとても完璧で、私たちがしようとしていることはとても魅力的でした。』

現状では、サイレントヒル・フランチャイズの公式発表された計画はありませんが、最近のデッドバイデイライトの章など、様々な形で他のタイトルに登場しています。これらの噂が本当なのかどうかは、時間が経ってみないとわかりません。


関連リンク


コナミが事実上のゲーム市場撤退状態から幾分戻ってきた感はありますが、まだまだ本腰を入れている訳ではないので、そういう意味ではこの作品がどうなるかは未知数ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment