ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ハリー・ポッターシリーズを題材にしたMMOがエレクトロニック・アーツで制作されていたが、パブリッシャーがフランチャイズの寿命に疑問を持ったため、キャンセルされたと主張へ



ハリー・ポッターシリーズを題材にしたMMOがエレクトロニック・アーツで制作されていたが、パブリッシャーがフランチャイズの寿命に疑問を持ったため、キャンセルされたと主張へとしていて、大きな会社ならではの結論の出し方ですね。


ハリー・ポッターシリーズを題材にしたMMOがエレクトロニック・アーツで制作されていたが、パブリッシャーがフランチャイズの寿命に疑問を持ったため、キャンセルされたと主張されている。

2000年から2003年にかけてEAのプロダクトマーケティング担当ディレクターを務めたKim Salzer氏は、ストリーマーThe Real BrandolorianとのTwitchインタビューの中で、このような事実を明かしました。

彼女が関わったゲームの中で、ワクワクしながらも結局日の目を見なかったゲームについて尋ねられると、ハリー・ポッターのMMOを挙げたのです。

『個人的に深く関わっていたことと、巨大なIPであることから、私にとっての大きな問題は、ハリー・ポッターのオンライン多人数同時参加型ゲームです。』

『すべての調査を終え、ベータ版を構築し、オフラインとオンラインを組み合わせた体験で、賞品やリボンなど、子供たちに実際に物を郵送するものでした。』


『徹底的に研究し、成功すると確信していました。しかし、EAが当時変革の時期にあり、そのIPが1年や2年以上の賞味期限を持つことを知らなかったし、信じていなかったので、言葉は悪いですが、没になりました。』

2021年1月、ワーナー・ブラザース・ゲームスはハリー・ポッターRPG『ホグワーツ・レガシー』を2022年に延期した。

当時SNSで公開された声明で、パブリッシャーは、前年のゲーム発表に対するファンの『多大な反応』に感謝し、新たなリリースウィンドウを確認した。

『ウィザーディング・ワールドとゲームファンの皆様に最高の体験を提供することが私たちにとって最も重要であるため、ゲームに必要な時間を与えています』と、その声明には書かれています


関連リンク


EAも大きなタイトルをリスクを取ってキャンセルしたとアナウンスしており、このような市場を見る目がないとゲームソフトはダメなことが伺えますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment