ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2020年の発売以来、コンソール専用だった『ファイナルファンタジー7 リメイク』が先週ようやくPCで発売され、Steam版が今後リリースされるかについて紹介!



2020年の発売以来、コンソール専用だった『ファイナルファンタジー7 リメイク』が先週ようやくPCで発売され、Steam版が今後リリースされるかについて紹介!としていて、その片鱗が見つかったようですね。


2020年の発売以来、コンソール専用だった『ファイナルファンタジー7 リメイク』が先週ようやくPCで発売されましたが、現在はEpic Games Store経由でのみ購入可能です。PCユーザーの多くが好むように、Steamにこだわりたいのであれば、長く待つ必要はなさそうです。

Twitterの@AtelierToolによって発見されたように、PC版ファイナルファンタジー7リメイクのファイルやフォルダーを調べると、Steamへの言及が複数出てくるのです。それ自体、このゲームがいずれValveのストアフロントへ向かうことを示す良い証拠なのですが、これらのファイルで見つかったゲームのAppIDとSteamDBのAppIDを照らし合わせると、このページが見つかり、SteamDBスタッフ(Valveとは関係ありません)は既にFinal Fantasy 7 Remakeとマークしていることが判ります。

もちろん、Epic Games Storeの独占タイトルとして発売されたゲームのほとんどは、すべてではないにしろ、最終的にはSteamでも発売されるのが一般的です。このようなゲームの独占期間は6ヶ月から12ヶ月の間ですが、ファイナルファンタジー7リメイクがSteamに移行するまでにどれだけの時間がかかるかは未知数です。

もちろん、このRPGはPC版発売の際にすでに多くの論争を巻き起こしている。スクウェア・エニックスがこのプラットフォームでは初となる70ドルという価格を提示しただけでなく、移植版自体も広く批判を受けているため、それが修正されるまで数ヶ月待つというのは、どちらにしてもそれほど悪いアイディアではないかもしれない。

一方、スクウェア・エニックスは先日、PS4版『ファイナルファンタジー7 リメイク』のPS Plus版がまもなくPS5版に無償でアップグレード可能になること、また、DLC『エピソード インターミッション』が一時的に25%割引になることも発表しています。


関連リンク


スチーム版がリリースか?としており、独占期間がどの程度になるかという話になってくるようですね。他のゲームと同様に6カ月~12か月で推移するかどうか?

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment