ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

DICEが『Battlefield 2042』の新マップ『Exposure』の予告を開始、『マップデザインを全く新しいレベルに引き上げる』と主張へ



DICEが『Battlefield 2042』の新マップ『Exposure』の予告を開始、『マップデザインを全く新しいレベルに引き上げる』と主張へとしていて、一体どんな話が浮上してきたのかというところですね。


DICEが『Battlefield 2042』の新マップ『Exposure』の予告を開始しました。

EAはGameSpotのインタビューで、Exposureは『マップデザインを全く新しいレベルに引き上げる』と主張していますが、具体的な内容を明らかにする準備はできていないようです。

先月のゲーム発売に先立ち、DICEは『Battlefield 2042』シーズン1の発売が2022年になることを確認しています。

登場する際、同スタジオはシーズン1には新しいスペシャリスト、バトルパス、ポータルコンテンツが含まれるとし、『さらには新しい観光スポットもあるかもしれない』と述べており、その時にExposureを導入する計画を示唆している可能性があります。

それに先立ち、DICEはウィークリーミッションとリワード、そして期間限定モードを導入する予定です。

EAによると、期間限定のマッチメイキングモードでは、PC、PS5、Xbox Series X/Sにおいて、ConquestとBreakthroughが64人でプレイできるようになるとのことです。現在、これらのプラットフォームでは同モードは128人に対応していますが、PS4およびXbox One版では64人が上限となっています。

『Battlefield 2042』の最大のアップデートは木曜日に公開され、300以上の修正に加え、バランスの変更やクオリティオブライフの向上が導入されました。

また、12月初旬には、バランスの変更やバグの修正を中心とした『小規模』な『Battlefield 2042』アップデートが配信される予定です。

EAがGameSpotに語ったところによると、DICEはスコアボードなどの『ファンに人気のあるシステム』の復活に取り組んでおり、以前にはゲーム内ボイスチャットの追加も『ロードマップ上にある』と述べていました。

DICEは木曜日のTwitterスレッドで、『Battlefield 2042』のライブサービスモデルがスタジオに『エキサイティングな新しい機会を提供し、これまで以上にクリエイティブな自由を探求することができる』と述べていますが、以前にリークされたサンタをテーマにしたスキンが、ファンの批判を受けて導入されない可能性があることも示唆しています。

『本日、一部の方が偶然にもホリデーシーズンをテーマにしたコスメティックを目にしてしまいました。』

『ライブサービスの開発には、何ヶ月も前から取り組む必要があり、1年目の重要な時期に選択肢を用意することができます。』

『今日、私たちには他の優先事項があるので、スキンを持っていますが、現在のところ、このホリデー中にすべてを利用する予定はありません』と書かれています。


関連リンク


内容はまだ公開されずとしていて、とりあえず予告だけをしたというもののようですね。ライブサービスとしての価値の提案をしていくとのことで、今後に続く話ですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment