ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

カプコンの名作『バイオハザード4』のVRリメイク版の制作費をFacebookが負担、しかし、Meta Questの歴史の中で、最も早く売れたアプリになったと発表



カプコンの名作『バイオハザード4』のVRリメイク版の制作費をFacebookが負担、しかし、Meta Questの歴史の中で、最も早く売れたアプリになったと発表としていて、ちゃんと対費用効果が出たというものですね。


カプコンの名作『バイオハザード4』のVRリメイク版の制作費をFacebookが負担することが発表されたときは、大きな驚きでした。『バイオハザード7』はPlayStationVRの初期のショーケースとして登場しました。しかし、RE4は意外にもうまくいったようで、このタイトルに対する評価は非常に高いです。それどころか、ちょっとした歴史を作ってしまったようです。

Facebookのプレイ担当副社長を務めるジェイソン・ルービン氏は、公式Twitterで、『バイオハザード4 VR』が、かつてOculus Questとして知られたMeta Questの歴史の中で、最も早く売れたアプリになったと発表しました。このゲームがQuest 2の専用ソフトであり、初代ヘッドセットでは利用できなかったことを考えると、これは特に素晴らしいことです。

『バイオハザード4 VR』は、Meta Quest 2向けに現在配信中です。 また、このゲームは2022年中にマーセナリーズ・モードのバージョンがリリースされる予定です。


関連リンク


Meta Quest史上最も売れたアプリになったとしていて、ちゃんと成果が出たようですね。こうした投資がうまく行くケースが理想的ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment