ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

RockstarとGrove Street Gamesが最近発売した『Grand Theft Auto: The Trilogy - The Definitive Edition』は、ほぼ平凡な評価で発売され、現在Metacriticの評価は驚くほど低いと指摘



RockstarとGrove Street Gamesが最近発売した『Grand Theft Auto: The Trilogy - The Definitive Edition』は、ほぼ平凡な評価で発売され、現在Metacriticの評価は驚くほど低いと指摘していて、どのような結果になっているか?


RockstarとGrove Street Gamesが最近発売した『Grand Theft Auto: The Trilogy - The Definitive Edition』は、ほぼ平凡な評価で発売され、現在Metacriticの評価は驚くほど低く、Xbox Series X/Sでは56点、PS5では63点、Switchでは40点となっています(記事執筆時点)。しかし、ユーザーの皆様は、批評家の意見に同意せず、本作に対する嫌悪感をより強く抱いているようです。

一見すると過剰に見えるかもしれませんが、その反発は驚くべきものではありません。『Grand Theft Auto: The Trilogy - The Definitive Edition』は、ラフなロンチに苦しみました。PC版の機能不全、グラフィックの不具合、フレームレートの不整合など、ただでさえ一貫性のない凡庸なリマスターに加えて、最終的にはファンの大きな反発を招いてしまったのだ。もちろん、RockstarとTake-Two Interactiveがこの3部作をどのように販売したか、そして60ドルという価格設定も、このような評価を受けた大きな要因となっています。また、リマスター版の発売と同時に、3部作のすべてのMODが削除され、すべてのデジタルプラットフォームでオリジナル版の販売が停止されたことも、言うまでもありません。

Grove Street Gamesはこの批判を楽しんでいるようで(開発者はそう言っています)、開発者は修正プログラムがすぐに来ることを約束しています。どのようなアップデートでも、現在のゲームの評判が今後修正されるかどうかは、まだわかりません。


関連リンク


バグまみれで発売され、その後の展開もお粗末だった事からユーザー評価は著しく低い結果になっているようですね。metacriticでの評価も散々で浮上する兆しはないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment