ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ジムライアンはPS5が1周年を迎えた中、PSブログにおいて、まだ始まりに過ぎないと予告へ



ジムライアンはPS5が1周年を迎えた中、PSブログにおいて、まだ始まりに過ぎないと予告へとしていて、それら何をさして言及したのかというのは興味深いですが、今後どこまで楽しめるかでしょうね。



PS5が発売されてから1年が経過しました。常に供給不足に悩まされ、多くのユーザーの皆様にご迷惑をおかけしましたが、PS5はあらゆる面でソニーにとって大成功を収めました。現在、全世界で1,340万台を出荷しているPS5は、これまでのゲーム機の中で最大かつ最速の発売を実現しました。また、発売1年目には『Returnal』、『Ratchet and Clank: Rift Apart』、『Demon's Souls』などの発売により、発売後1年間で充実したライブラリを構築してきました。

プレイステーションCEOのジム・ライアン氏は『これは始まりに過ぎない』と約束しています。先日、ライアン氏はPlayStationBlogで、PS5の発売1周年を記念して、PS5ユーザーの皆様の総プレイ時間が46億時間に達したことなど、いくつかの興味深い数字を紹介した上で、今後もまだまだ続くことを約束しました。ライアン氏は、『今年はまさに多忙な1年でしたが、PS5はまだ始まったばかりです』と述べた後、PlayStationStudentsの旗の下で現在25本以上の専用タイトルを開発中であることを改めて強調しました。これまでライアン氏は、これらのうち半分以上が新規IPであると述べてきました。

これらの新規タイトルがどのようなものであるかはまだわかりませんが、これまでに正式に発表された内容によると、PS5は2022年に『Horizon Forbidden West』、『グランツーリスモ7』、『God of War: Ragnarok』などの発売が決定しており、充実した1年になることが予想されます。

先日、ソニーは半導体チップの不足により、PS5の生産量を削減しなければならないと報じられました。


関連リンク


始まりに過ぎないと指摘しており、今後PSがどこまで盛り上がっていくのかというのはゲーマーなら気になる話といえそうですね。1年目は本体を手に入れる事に奔走しましたからいつ正常化するか?

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment