ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

NvidiaのCEOによると、実際、世界的な半導体不足は、2022年までもメーカーが対処しなければならない複雑な問題であり続けると述べる



NvidiaのCEOによると、実際、世界的な半導体不足は、2022年までもメーカーが対処しなければならない複雑な問題であり続けると述べるとしていて、すぐに解消する話では全く無いのは明らかですね。



世界的な半導体不足は、1年以上前から技術業界全体の大きな頭痛の種となっていますが、それはもちろんゲーム業界にも当てはまります。任天堂、マイクロソフト、ソニー、そしてPC業界のAMDとNvidiaは、製造が予想外に複雑化しており、Switch、PS5、Xbox Series X/Sへの供給が当分の間、滞りそうな状況にあることから、チップ不足がすぐに解消されないことは明らかです。

NvidiaのCEOであるジェンスン・フアン氏によると、実際、世界的な半導体不足は、2022年までもメーカーが対処しなければならない複雑な問題であり続けるとのことです。フアン氏は、Yahoo!Financeとのインタビューでこのように述べた後、Nvidiaについては、同社の大規模で広範なサプライチェーンが、この困難な状況を乗り越える助けとなるだろうと付け加えました。

『来年以降は、需要が供給をはるかに上回ると思います。私たちは、サプライチェーンをナビゲートする魔法の弾丸を持っているわけではありません。サプライヤーの皆様に支えられています。幸運なことに、当社はマルチソースであり、サプライチェーンは多様であり、当社は非常に大規模であるため、当社を取り巻く大きなエコシステムのサポートを受けています』。

これは、決して珍しい意見ではありません。AMD、東芝、Foxconnの各社は、チップ不足が2022年まで続くと発言しており、最近ではインテルのパット・ゲルシンガーCEOが2023年まで続くかもしれないと発言しています。


関連リンク


半導体不足がゲーム業界を直撃しているだけに、2022年も続くというのは規定路線になってしまっていますね。2023年まで続くという見方もあってどうなるかですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment