ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Halo Infinite』の発売まで1ヶ月を切った中、いくつかのプレビューにより、新たな4Kゲームプレイが公開へ



『Halo Infinite』の発売まで1ヶ月を切った中、いくつかのプレビューにより、新たな4Kゲームプレイが公開へとしていて、その概要も説明されており、その辺はチェックしておきたいところですね。


『Halo Infinite』の発売まで1ヶ月を切りましたが、いくつかのプレビューにより、新たな4Kゲームプレイが公開されています。まず Game Informer が公開したのは、初期の屋内エリアと Banished の基地への侵入の様子を収めた約 5 分間の映像で、本作のグラップルと新武器 Stalker Rifle が多用されています。以下にその映像を掲載します。

一方、IGNの提供でさらに新しい映像が公開されています。

また、Game Informerは、『Halo Infinite』の豊富なサイドコンテンツを詳しく紹介した新しい詳細なプレビューを掲載しています。Halo Infinite は完全なオープンワールドゲームではなく、どちらかというと 『ワイドリニア』なゲームですが、サイドコンテンツの多くは明らかにオープンワールドタイトルにインスパイアされたものとなっています。伝統的なストーリーを追うこともできますが、冒険していると、追加の基地やミニボスを征服したり、さまざまな収集アイテム(オーディオログ、スカル、装備を向上させるスパルタンコア)を手に入れたりすることができます。

基本的に『Halo Infinite』の世界はいくつかの小さなエリアに分かれており、ストーリーを進めていくとそれらのエリアがアンロックされていきます。それぞれのエリアには 『前線基地』があり、『Banished』の支配から解放されると、マップ上に注目すべきポイントが表示されます。また、FOPは高速移動や補給ポイントとしても利用でき、副次的な活動を行うことで『Valor』を獲得し、FOPでより良い装備や支援部隊、車両などに使用することができる。343は、合理的で伝統的なHaloアドベンチャーを求めるプレイヤーと、よりオープンワールドに没頭したいプレイヤーの両方を満足させるゲームを作るために、しっかりとした仕事をしたようだ。

『Halo Infinite』は、PC、Xbox One、Xbox Series X/Sで12月8日に発売されます。


関連リンク




左テキスト内容

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment