ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

データマイナーによると、Call of Duty: Vanguardのゲームファイルにキャプテン・アメリカとインディ・ジョーンズがあったことを発見、クロスオーバーなるか?



データマイナーによると、Call of Duty: Vanguardのゲームファイルにキャプテン・アメリカとインディ・ジョーンズがあったことを発見、クロスオーバーなるか?としていて、過去にも何度も同じようなコラボをしているようですね。


キャプテン・アメリカとインディ・ジョーンズが、Call of Dutyに登場する最新のクロスオーバー・キャラクターになるかもしれません。

データマイナーによると、Call of Duty: Vanguardのゲームファイルにこの2人のキャラクターに関する記述があり、ゲーム内のオペレーターストアに掲載されると思われるアートワークも発見されたとのことです。

また、VGCはVanguardのゲームファイルから取り出されたとされる、インディとキャップのプレイカードなどのアートワークも確認しています。

キャプテン・アメリカの起源とインディ・ジョーンズの冒険のほとんどが第二次世界大戦の頃に起こっていることから、ディズニーが所有するこの2つのキャラクターのフィクションは、Vanguardの時間軸とよく一致します。

『コール オブ デューティ』は、そのオンラインサービスとハリウッドの人気映画とを結びつけてきた歴史があります。今年の初めには、『Warzone』の『Verdansk 1984』マップに、『ダイ・ハード』のジョン・マクレーンが登場しました。

また今年の夏には、Rebellion Developmentsと提携し、コミック界を代表するヒーロー、ジャッジ・ドレッドをWARZONEに登場させました。また、毎年恒例のハロウィーンイベントでは、『Scream』、『Saw』、『Texas Chainsaw Massacre』などのキャラクターが追加されています。

これまでCall of Dutyの映画とのタイアップバンドルは、約2,400CoDポイント(約20ドル)で、追加の武器スキン、エンブレム、エモートが含まれていました。

『Vanguard』は来月には『Warzone』と統合される予定なので、新しいオペレーターが実在すれば、バトルロイヤルゲームでもプレイ可能になります。


関連リンク


過去に何度もコラボをしてきた実績があるだけに、可能性は濃厚ですね。時代背景も近いとしており、違和感はないものになりそうですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment