ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『The Last of Us』の共同制作者であり、両作品のクリエイティブ・ディレクターを務めるニール・ドラックマン氏が自身の撮影作業が終了へ



『The Last of Us』の共同制作者であり、両作品のクリエイティブ・ディレクターを務めるニール・ドラックマン氏が自身の撮影作業が終了へとしていて、一体どんな演出を取り込んだのかといえそうですね。


『The Last of Us』の共同制作者であり、両作品のクリエイティブ・ディレクターを務めるノーティードッグの共同社長ニール・ドラックマン氏は、ここ数週間、カナダでHBOによるプレイステーション・シリーズの映画化の撮影に追われていました。しかし、最近のツイートで明らかにしたように、彼が関わる撮影作業は終了したようです。

『The Last of Us』でのドラックマン氏の演出は、ゲーム開発に携わるすべての人から高く評価されており、ファンがドラックマン氏の演出力をテレビ画面でも見たいと思うのは当然のことです。9月には、彼がテレビシリーズの監督の一人として復帰することが明らかになりました。The Last of Us HBOシリーズは、最近では最も期待されているビデオゲームの映画化作品の一つで、ペドロ・パスカル(ジョエル役)、ベラ・ラムジー(エリー役)、アンナ・トーヴ(テス役)などの豪華なキャストを誇っています。

ドラックマン氏は、番組の撮影が行われているカナダを離れてノーティードッグに戻り、今後も同スタジオでプロジェクトを進めていくものと思われます。リーク情報によると、ノーティードッグは初代『The Last of Us』の全面的なリメイクに取り組んでいるのではないかと言われていますが、もしリーク情報が本当に正確なものであれば、ドラックマンがこのプロジェクトにどのように関わっているかは不明です。


関連リンク


テレビ映画としては過去最大規模と言われているだけに、その出来は大いに期待されますね。ゲームの演出を映画流にアレンジして取り込んだみたいで楽しみですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment