ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂は、『ESG』イニシアティブ(環境、社会、ガバナンス)への新たな取り組みに対し、声明を発表へ



任天堂は、『ESG』イニシアティブ(環境、社会、ガバナンス)への新たな取り組みに対し、声明を発表へとしていて、大手企業らしいクリーンなイメージを持たせる試みをしていく発信になりますね。


任天堂の大規模な決算説明会では、さまざまな分野で多くの情報が提供されていますが、その最後部には、『ESG』イニシアティブ(環境、社会、ガバナンス)への新たな取り組みが掲載されています。

これは、最新のCSR報告書に記載されている内容を踏襲していますが、改めて注目すべき内容でしょう。環境面での取り組みとしては、『環境に配慮した製品』を製造することを目標としており、省エネ(Switchは従来製品と同様に低消費電力)、『グリーン調達』、効率的な輸送、『販売後のリサイクル』などに重点を置いています。

社会的側面には、通常の『笑顔のために』が含まれていますが、より具体的な内容も含まれています。任天堂は、サプライチェーンにおける『人権と労働のリスク』を継続的に評価していると述べています。多様な職場という点では、同社は『パートナー制度』を設けており、社内での女性の活躍を支援することを目指している。

ガバナンス」という点では、取締役会と経営陣に関連しています。取締役会は、より多くの女性と日本国外からのメンバーを採用し、取締役の3分の1以上を社外取締役とすることを目標としています。

任天堂はこれらの分野でどのような取り組みをしていますか?環境と調達の目標については、具体的な情報があります。夏に環境方針の詳細を紹介しましたが、任天堂は、その目標を達成するための努力や取り組みが少ないと若干批判されているものの、紛争材料を回避していることで賞賛されています。


関連リンク


こうした企業のイメージアップ大作戦も任天堂クラスの会社には求められる事であって、それを実践していく事になりそうですね。海外向けという感じのするアナウンスですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment