ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2月25日に発売になる『エルデンリング』の今日放送されたプレビュー記事が紹介!



2月25日に発売になる『エルデンリング』の今日放送されたプレビュー記事が紹介!としていて、ほぼムービーのまま記載されており、流れは感じられる文章になっているようですね。


フロム・ソフトウェアとバンダイナムコは、現在開発中のPC版『Elden Ring』の新しいゲームプレイ映像を公開しました。映像ではまず、プレイヤーが休息できる『恩寵の地』が紹介されています。そこには『ギルドの光』が現れ、プレイヤーはその光に従うことも、見送ることもできる。世界を探索していると、突然ドラゴンが現れ、プレイヤーは馬に乗ってドラゴンと戦います。当然のことながら、『ダークソウル』のようによろけてクリティカルヒットを与えることができる。

その後、穴にはまっている大きな鉢植えのNPC『鉄拳のアレクサンダー』に切り替わります。鈍器で攻撃すると脱出できるようです。また、ワールドマップも紹介されており、プレイヤーはマップの断片を集めて使うことができます。危険な敵がいる場所や、クラフト素材などの目印になるマーカーも紹介されています。また、世界に出現するビーコンを置くことで、より多くの情報を得ることができます。

空中に飛び出したり、馬に乗って高所を移動したりするためのスピリットスプリングや、稲妻や雨のエフェクトも見られます(前者はプレイヤーに当たる可能性もあります)。先ほどの馬車が停まっているキャンプでは、敵が守っているのでステルスが必要です。プレイヤーはワールド内の素材からアイテムを作り、矢で警備員を倒し、地面で寝ているところを処刑することができます。上空からの重たい攻撃で敵の体勢を崩すことができるので、暗殺にも役立ちます。

スピリッツも紹介されていますが、かなり基本的なもののようで、近くにいる敵を近接攻撃で攻撃します。オンライン・マルチプレイでは、プレイヤーがもう一人のプレイヤーを召喚し、致命的な生物が生息する森の中を一緒に潜入するシーンが少しだけ登場します。続いて、馬に乗ってエリアを守っている甲冑のボスに遭遇し、魔法を使って投擲物を降らせたり、ドラゴンヘッドを召喚して火を放ったりします。

また、世界にはカタコンベや鉱山などのダンジョンがあり、そこには隠された財宝やボスが存在しています(ただし、あまり紹介されていません)。一番の目玉は、5人の魔神のうちの1人が住んでいる『ストームヴェイル・ダンジョン』でしょう。厳重な警備が敷かれている正門から入るか、プラットフォームを使って敵の数が少ない側面から入るか、どちらかを選ぶことになります。

ダンジョン内では視界や地形が変化するため、曲がり角に隠れている敵に待ち伏せされることもあります。しかし、ルートは1つだけではありません。外の屋根の上でプラットフォーマーをしていると、別の道を発見したり、中にいる魔術師のようなNPCに出会うことがあります。全体的に、プラットフォームはよりスムーズになっています。このプレビューの最後には、重い斧と回転攻撃を多用し、ドラゴンヘッドから火を噴くGodrick the Goldenとのボス戦があります。

『Elden Ring』は、2022年2月25日に、Xbox One、Xbox Series X/S、PS4、PS5、PC向けに発売されます。詳細は今後数ヶ月で明らかになりますので、ご期待ください。


関連リンク



ムービーをプレビューした記載になっており、ほぼこのままですね。実際ムービーをみたら納得する話ですが、その辺は楽しみにしている人は見るべきかどうかですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

1 Comments

   

 
まさに「約束された神ゲー」だな

2021/11/05 (Fri) 01:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment