ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『PlayStation』は、PCゲーム事業に特化した新しいレーベルを設立、従来のPlayStation Mobileから『PlayStation PC LLC』に変更へ



『PlayStation』は、PCゲーム事業に特化した新しいレーベルを設立、従来のPlayStation Mobileから『PlayStation PC LLC』に変更へとしていて、この名前の変更の由来はどこから来ているのかですね。



『PlayStation』は、PCゲーム事業に特化した新しいレーベルを設立したことが明らかになりました。

水曜日、Steamユーザーは、プラットフォームホルダーのPC版の発売元が、従来のPlayStation Mobileから『PlayStation PC LLC』に変更されていることに気づきました。

コーポレーション・ウィキによると、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは今年4月、カリフォルニア州の本社を通じて『PlayStation PC』の名称を登録しました。

この名称は形式的なもののように見えますが、ソニーがPCプラットフォームでのゲーム制作を拡大する意図があることを示す、もう一つの強いシグナルです。

ソニーの最初の近代的なPC移植は、2020年8月の『Horizon Zero Dawn』と今年5月の『Days Gone』でした。

今後は、『アンチャーテッド 4: A Thief's End』と『ゴッド・オブ・ウォー』は、今月、PC版への移植が発表されましたが、2022年には、PS5向けに発売された『直後』にPC版が発表される予定です。

また、今週Steamのデータベースに掲載されたリストによると、『Sackboy: A Big Adventure』もPC版が発売されるようです。

ソニーは昨年夏に発表した報告書の中で、『Horizon Zero Dawn』がPCで発売されたことを受けて、より多くのプレイステーション専用タイトルをPCで発売することを検討すると述べました。

そして今年初め、SIEの社長は、プレイステーションがPCに『すべてのスレート』のゲームを提供することを確認しました。

SIEの社長であるジム・ライアン氏は、GQの取材に対し、プレイステーションのIPをより多くのユーザーに提供する機会が得られたこと、また移植作業が容易になったことで、PC向けゲームを増やすことは、同社にとって『かなり簡単な決断』であると述べています。

以前のSIEはPCへのゲーム投入を躊躇していたが、現在はPCを受け入れている理由について、ライアン氏は次のように語った。『いくつかの点が変わったのだと思います。』

『2021年初頭の現在、開発スタジオと彼らが作るゲームは、かつてないほど良好な状態にあります。特に、PS4サイクルの後半では、当社の開発スタジオは素晴らしいゲームを制作していました。』

『このような素晴らしいゲームをより多くのお客様にお届けすることで、ゲーム開発の経済性を認識していただくことができます。IPの質が向上するにつれ、ゲーム開発のコストはサイクルごとに上昇しています。』

『また、ゲーム機をお持ちでない方にもお楽しみいただけるようになりました。ですから、私たちにとってはかなり簡単な決断なのです。』


関連リンク


プレイステーションPC という新ブランドを設立して、意気込みは本物だという現れですね。決断は簡単だったとしており、PSの独占期間がいつまであるかといえそうですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment