ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

最悪のスタートを切った『eFootball』に対し、10月28日に予定されていた1回目の修正パッチの配布が11月上旬へ延期をアナウンスへ



最悪のスタートを切った『eFootball』に対し、10月28日に予定されていた1回目の修正パッチの配布が11月上旬へ延期をアナウンスへとしていて、何がどのような形で追加されるのかですね。


毎年発売されている『Pro Evolution Soccer』シリーズを、『eFootball』という永続的な無料プレイのライブサービスに移行させようというコナミの試みは、最高のスタートを切ることができなかった。コンテンツの少なさと技術的な問題の多さがこのゲームを悩ませており、コナミは10月28日に予定されていた新パッチで回復への道を歩み始めるはずでした。

コナミは、10月28日に予定されていた新パッチで復旧を開始する予定でしたが、先日ツイッターで、そのパッチを11月上旬に延期することを発表しました。この延期により、『すべてのプレイヤーの皆様に、より良い体験をしていただくための時間を確保することができる』としています。このパッチにはどのような修正が含まれているのか、また、11月の具体的な時期については、後日お知らせいたします。

コナミは『eFootball』の発売前に、今後数ヶ月の間にコンテンツや機能を追加したアップデートを何度かリリースする予定であると述べていました。今回のトラブルを受けて、その計画が変更されるかどうかはわかりません。

『eFootball』は、PS5、Xbox Series X/S、PS4、Xbox One、PCでリリースされています。


関連リンク


ただでさえイメージが失墜しているのに、延期は痛いですね。どこまで改善できるのか全くわからないですから、F2Pゲームなので、その辺が救いではありますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment