ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5/4版『GTA The Trilogy - The Definitive Edition』の主な特徴と改良点とは?を紹介!



PS5/4版『GTA The Trilogy - The Definitive Edition』の主な特徴と改良点とは?を紹介!としていて、様々なプラットフォームでリリースが予定されているので、その辺の違いがあるのかないのかですね。



新しい『GTA The Trilogy - The Definitive Edition』は、高解像度のテクスチャ、刷新された照明、描画距離の増加など、プレイステーション2の前作に比べて見た目が格段に良くなっているのはもちろんですが、プレイも良くなっています。主な改良点としては、既報の通り、『GTA 5』にインスパイアされた操作方法に加え、ミッションの即時再開やターゲット操作の改善などが挙げられます。

初代PS2ゲームの大きな問題点のひとつは、いかに時間を惜しんでいたかということです。何時間もかけてミッションをこなしても、最後には失敗してしまい、わざわざクエストの提供者のところに戻ってやり直すことになってしまうのです。しかし、今回のリマスター版では、すぐに再挑戦できるようになっているようです。プレスリリースにはチェックポイントについての記述はありませんが、まあ、祈っておきましょう。

『GTA San Andreas』では、ドライブバイのコントロールが再構築されており、『GTA 5』と同様のものになると思われます。また、銃のプレイも、より現代的なものを反映して全面的に再開発されています。残念なことに、Nintendo Switchではジャイロエイミングが可能ですが、PS5およびPS4ではジャイロエイミングのサポートについて言及されていません。

本作では、最新のオープンワールドゲームのようにウェイポイントを設定できるようになったほか、武器やラジオの選択画面も刷新されています。これらに加えて、PS5では3タイトルとも4Kで毎秒60フレームで動作するようになりました。


関連リンク


PS5版の改良点としては4k60フレームが実現していることでしょうね。スイッチ版も出ますが、その辺はスペックを考慮した際、そこまでの数字は出ないでしょうしね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment