ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

今日は、任天堂の高橋氏によって、メトロイドプライム4が再スタートを宣言してから1000日が経過した日だと伝える



今日は、任天堂の高橋氏によって、メトロイドプライム4が再スタートを宣言してから1000日が経過した日だと伝えるとしていて、あれから1000日という月日が経った訳ですが、未だに姿形が見えない状況ですよね。


およそ1,000日前、あなたはどこにいましたか?あまり昔とは思えないかもしれませんが、実際には2019年1月25日にさかのぼり、その日がどんな日だったかご存知でしょうか?そう、任天堂の歴史に残るこの日、待望の新作『メトロイドプライム4』の開発が再開されたのです。

任天堂の専務執行役員である高橋氏は、『オープンで正直な』ビデオメッセージでこのニュースを伝え、当時の開発進捗が任天堂がメトロイドプライムシリーズに期待する水準に達していなかったことを認めました。

世界中の多くのメトロイドファンにとっては厳しいニュースでしたが、このアップデートでは、レトロスタジオの復帰という良い情報もありました。レトロスタジオは、本作のプロデューサーである田邊氏とともに、本作を担当し、過去の『メトロイドプライム』シリーズと肩を並べる作品になると約束しました。

さて、『メトロイドプライム4』の発売が延期されてから、どのような開発状況になっているのでしょうか。レトロスタジオでは、『ゴッド・オブ・ウォー』(2018年)、『ボーダーランズ3』、『Halo』、『コール オブ デューティ ブラックオプス』、『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』、『グランド・セフト・オート』などのプロジェクトに参加したことのある一流の人材を大量に採用しています。

現在行われている採用活動以外には、あまり多くのことを聞いていません。しかし、高橋は今年6月に、任天堂が最新作の開発にまだ『熱心に取り組んでいる』ことを再確認しています。『メトロイドプライム4』が発表されてから、厳密には4年以上が経過しています。メトロイドのアクションを楽しみたい方は、スペインのスタジオMercurySteamが共同開発したNintendo Switch用ソフト『Metroid Dread』をぜひお試しください。


関連リンク


高橋氏によって、メトロイドプライム4が再スタートをアナウンスして1000日経過ということで、それから全く新情報が出ない状態が続いていますが、スイッチのラストを飾る作品になってしまうのかどうか?

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment