ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

本日、343 Industriesは、Halo Infinite PC版の概要を公開、AMDとの包括的な提携をアナウンスへ



本日、343 Industriesは、Halo Infinite PC版の概要を公開、AMDとの包括的な提携をアナウンスへとしていて、どのような説明をした話になっているのかというのは興味深いところですね。


本日、343 Industriesは、Halo Infinite PC版の概要を公開しました。まず最初の新情報は、コントローラからの入力、キーボード&マウスからの入力、そして混合入力のそれぞれに対応したクロスプレイキューを用意し、各プレイヤーがプレイ方法を選択できるようにするというものです。

また、開発者は『Halo Infinite』の最適化のためにAMDと提携したことを明らかにしましたが、この最適化はAMD以外のユーザーにも有益であると約束しています。さらに、『Halo Infinite』は発売後のある時点でレイトレーシングに対応する予定です。

AMDと協力することで、幅広いハードウェアとデバイスのエンドポイントに恩恵をもたらすゲームタイトルの最適化が可能になりました。超ハイエンド・ゲーミング・パワーハウスから、コスト効率に優れた旧式のゲーミング・マシン、さらには当社の全コンソール・ファミリーまで、AMDとのパートナーシップならではの成果を得ることができました。

AMDは、プレイヤーファーストの開発方法に対する我々の情熱を共有しています。AMDは、AMD搭載デバイスを使用していなくても、すべてのハードウェアで新しいレンダリング機能を提供し、すべてのプレイヤーのためにパフォーマンスを向上させることに非常に前向きです。Halo Infiniteのすべてのプレイヤーが、プレイヤーファーストの開発選択を行うAMDの情熱の恩恵を受けられることを嬉しく思います。

このパートナーシップを通じて、私たちはAMDのエンジニアと密接に協力してAMD Ryzenプロセッサーのパフォーマンスを最適化し、コア数やスレッド数が多いプロセッサーでHalo Infiniteのパフォーマンスを向上させるための変更を実施しました。また、AMD RDNA 2ゲーミング・アーキテクチャーをベースにした超高性能AMD Radeon RX 6000シリーズ・グラフィックスをHalo Infiniteが最大限に活用できるよう、AMDと協力してドライバー・アップデートを開発し、ゲームのキャンペーン・モードの各エリアでフレームタイム・パフォーマンスを大幅に向上させました。

Halo Infiniteは、AMD FreeSync Premium Proテクノロジーを完全にサポートしています。AMD FreeSync Premium Proに認定されたディスプレイは、ティアレスでスタッターのないゲームを提供するだけでなく、高精度の輝度と広色域のテストを行い、卓越したHDRビジュアルゲーム体験を可能にします。さらに、GPUOpenで開発者向けに提供されているAMDオープンソース・ソフトウェア・テクノロジーを活用し、信頼性の高いパフォーマンスと安定性の向上を迅速に統合しました。

しかし、人類の最も象徴的なヒーローの言葉を借りれば、我々はまだ始まったばかりです。AMDは、時間をかけて素晴らしいHalo体験を構築するという我々のビジョンを理解し、それを信じてくれました。PC版『Halo Infinite』にとって、発売は始まりに過ぎません。そのため、AMDはエンジニアリングとマーケティングの両面で、Haloとの緊密かつ長期的なパートナーシップを追求することを望んでいました。今後は、PCとコンソールの両方で、構成オプションの追加、パフォーマンスの微調整、メモリーの改善などの機会を特定し、すべてのプラットフォームに役立つ最適化ソリューションを共同で開発しています。そして何よりも、AMDと密接に協力してHalo Infiniteにレイトレーシングを導入できることを楽しみにしています。レイトレーシングは発売後の開発における最優先事項のひとつであり、近日中に詳細を発表したいと思います。

ちなみに、AMD Radeon RX 6900 XT Halo Infinite Limited Editionグラフィックスカードを見ればわかるように、マーケティングパートナーシップも締結されています。このカードは販売されませんが、AMD、Halo、およびその他のパートナーが、今後数週間にわたってプレイヤーに複数の入手機会を提供する予定です。

さらにAMDは、10月26日(火)より、AMD RadeonおよびAMD Ryzenの一部のパッケージ製品を参加小売店および電子小売店で購入すると、Xbox Game Pass for PCを1ヶ月間利用できるコードを同梱します。

『Halo Infinite』は、1年以上の延期を経て12月8日に発売されます(当初は2020年11月10日にXbox Series SおよびXとともに発売される予定でした)。そのマルチプレイヤーモードは誰でも無料でプレイできるほか、『Game Pass』の加入者は、キャンペーンモードを別途購入することなく、ロンチからアクセスすることができます。


関連リンク


AMDとの全面的なパートナーシップを結んだというものになっており、発売後のサポートという視点でも展開されていくようですね。マイクロソフトも本気ですよね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment