ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Game StudiosのボスMatt Booty氏は、RareのEverwildチームがゲームを再び公に見せる前に『何か特別なもの』を持っていることを確認したいと指摘



Xbox Game StudiosのボスMatt Booty氏は、RareのEverwildチームがゲームを再び公に見せる前に『何か特別なもの』を持っていることを確認したいと指摘していて、それは一体何かというものですよね。


Xbox Game StudiosのボスMatt Booty氏は、RareのEverwildチームがゲームを再び公に見せる前に『何か特別なもの』を持っていることを確認したいと語った。

レアは2019年11月に新規IPを発表し、2020年7月に別のトレーラーを公開しましたが、それ以降のゲームの更新は稀です。

今年初め、Everwildの開発を知るVGC関係者は、ゲームのデザインが実質的に『ゼロから再スタート』したと主張しており、発売までに数年かかる可能性が高いことを意味しています。

本記事の事前取材に対し、EverwildのエグゼクティブプロデューサーであるLouise O'Connor氏は、デザイナーのGregg Mayles氏を新たなクリエイティブディレクターに任命したことなど、報道の内容を確認しました。

今週のKinda Funny Gamesのインタビューでゲームの状況について聞かれたXboxのBooty氏は、Rareが直面している課題は、クリエイティブなプロセスの自然な部分であると示唆しました。

『外から見ると、リセットや再構築といった言葉を耳にしますが、それらはゲームに命が吹き込まれるときに実際に起こることよりも、おそらくもう少し明確で、もう少し極端だと言えるでしょう』 と主張しました。

現在のEverwildチームの状況について、彼は次のように述べています。『彼らは、何か特別なものを作ろうとしています。これまでに世界観やチームのアートスタイルを紹介してきましたが、私たちはそれを正しいものにしたいと思っています』と述べています。

Booty氏は、『Everwildについては、チームがクールなものを見せてくれたら、また紹介するよ。興奮と期待があることはわかっているので、あまり長い間隠しておきたくはないのです』と付け加えた。

6月にVGCの情報筋は、Everwildの開発チームが2024年の発売を『楽観的に』目標としていると伝えていました。

仮にこの時期に発売されるとしたら、Everwildの開発は10年目に突入することになり、最終的な発表までに何年も実験的な試作を行ってきたとのことです。


関連リンク


ゲームが再始動したらしいという話が濃厚だと指摘されていて、それで発売が大幅に延びた可能性がありますね。ただし、クールなものを用意しているとのことで何を意味しているか?

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment