ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xboxのボスであるフィル・スペンサー氏は、Xboxがバーチャルリアリティのハードウェアを開発することには興味がないことを改めて表明へ



Xboxのボスであるフィル・スペンサー氏は、Xboxがバーチャルリアリティのハードウェアを開発することには興味がないことを改めて表明へとしていて、やっていることそのものは賞賛しているとの話ですね。


Xboxのボスであるフィル・スペンサー氏は、Xboxがバーチャルリアリティのハードウェアを開発することには興味がないことを改めて表明しました。

スペンサー氏は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のイベント『WSJ Tech Live』の一環として行われたディスカッション(有料、VGCによる書き起こし)で、視聴者から、XboxはVRをPlayStationとの『差別化要素』として残すことに満足しているのか、また、そうすることにリスクはないのか、という質問を受けました。

これに対してスペンサー氏は、没入型技術の分野で行われていることには敬意を表しつつも、XboxでVRヘッドセットを作ることにはまだ関心がなく、ソフトウェアが中心であることを述べました。

『没入感について考えるとき、私たちは複合現実、仮想現実、そして今日の流行語のような『メタバース』にまで踏み込んで考えると思います』とスペンサー氏は答えました。

『私たちは、そのソフトウェアプラットフォームと、それを可能にするデバイスに大きな信頼を寄せています。もちろんです。しかし、私たちは今、ソフトウェア面に重点的に取り組んでいます。没入感のある世界や、プレイヤーとコミュニティのつながりを考えると、これは我々の投資リストの中でも非常に重要なものです。』

『今、世の中に出ているデバイスは、世の中にいる多くのプレイヤーとつながっていると思います。ハードウェアを開発している人々は、その多くがWindows上で行われており、私たちはそこにいる多くのパートナーと実験し、話し合っています。』

『私は、現在起こっているハードウェアの革新は素晴らしいものであり、重要な実現手段であると考えていますが、今は、その実現手段であるソフトウェアの側に身を置くことにしています。長い目で見れば、その方がスケールが大きくなると信じているからです。』

『私は、ソニーやOculus、Valveがやっていることを賞賛しています。つまり、世の中には素晴らしいVR作品を制作している優秀なプレイヤーがたくさんいるのです。』

『しかし、私たちは今のところ、ソフトウェアを中心としたコンシューマー分野の企業であり続けるつもりですし、それは良い賭けだと思います。』


関連リンク


XBOXではVRに焦点を当てないと断言していて、それも賭けであるとスペンサー氏は語っていますね。将来どうなるかわかりませんが、今あるビジネスを邁進していくんでしょうね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment