ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

アクティビジョンがCall of Dutyに導入されるアンチチートシステムに対し、前もってリークされる事を予期していたらしい



アクティビジョンがCall of Dutyに導入されるアンチチートシステムに対し、前もってリークされる事を予期していたらしいとしていて、どのような動きを見せているのかというのが気になる話ですよね。


少し前に、ActivisionはCall of Duty: Warzoneとその後継機であるVanguardの両方に実装される予定の新しいアンチチートソリューションを予告しました。両ゲームともハッカー問題に悩まされており、Activisionは現在キャンペーンを展開しています。『Ricochet』と呼ばれるこの新しいソリューションは、アンフェアなプレイに対処するための専門家チームがサポートする強固なアンチチートシステムを導入することで、この問題を次のレベルに引き上げることを計画しています。

しかし、その発表から間もなく、Ricochetのカーネルレベルドライバーがリークされたというニュースが流れました。それだけでなく、チーターのチームがすでにカーネルレベルのアンチチートソリューションのリバースエンジニアリングに取り組んでいるとも言われていました。

この記事の最後の更新として、ActivisionはCall of DutyのTwitterを通じて、RicochetがプレイヤーのPCに搭載される前の管理されたライブテストの段階にあることを公言しました。このテストには、サードパーティへのドライバーのプレリリース版の提供も含まれています。当時、その『サードパーティ』とは、実際には不正行為を行っている人たちではないかと推測されていました。

今日に至って、Viceとのインタビューの中で、Activisionの計画に詳しい2人の匿名の情報源が、Activisionはこのリークが起こることを予期していたことを明らかにしました。アンチチートシステムの発表に先立ち、前述のプレリリース版を展開し、チーターがリークすることを想定していたのです。これは、より高度なチート作成者にRicochetの最初のバージョンを回避してもらい、その後にはるかに強固なバージョンを作成するためのものです。

『これにより、どのような場合でも最初のバージョンを回避することができる人たちを助けることができます。高度な技術を持っていないチーターは、カーネルの中で戦うスキルを持っていないので、どちらにしてもダメだ』と情報源の一人は語っています。

つまり、Activisionは、Ricochetシステムのリークが遅かれ早かれ起こることを知っていて、実質的にチーターのためのハニーポットを作ってしまったと宣言しているのです。このことが、今後発売される『Call of Duty: Vanguard』のカーネルベースのドライバーにプラスの影響を与えるかどうかは、時間が経ってみないとわからない。


関連リンク


リークされる事を想定していたのではないかとしていて、それに基づいてアクティビジョンは動いているとしており、本当ならば先手先手を打っていますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment