ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Series XおよびSの国内販売台数が10万台を突破!約1年でXBOXOneの生涯売り上げを抜き去る



Xbox Series XおよびSの国内販売台数が10万台を突破!約1年でXBOXOneの生涯売り上げを抜き去るとしていて、このハードに期待しているゲーマーが明らかに増えているのがわかりますし、2年目以降に期待していますね。


Xbox Series XおよびSの国内販売台数が10万台を突破し、Xbox Oneの生涯販売台数をわずか1年でクリアする勢いとなっている。

ファミ通の最新の販売データによると、10月10日までの1週間に『Xbox Series S』が2,920台、『Xbox Series X』が527台を販売しました。

これにより、生涯販売台数の合計は102,591台( Series X:64,284台、 Series S:38,307台)となりました。

これに対し、Game Data Libraryが照合したデータによると、2018年11月までに10万台の販売実績を達成するのに、マイクロソフトの前機種は220週(4年半)かかっています。

また、Xbox Series X|Sの生涯販売台数は約11万5,000台で、発売から約1年後にはXbox Oneの国内総販売台数を上回る勢いです。

しかし、他のプラットフォームと比較すると、 Series X|Sはまだ小さく、PlayStation 5はすでに約120万台を販売しており、大きくリードしています。しかし、Xboxの日本市場における歴史的な不振を考えると、Xboxがこれまで苦戦してきた日本において、より前向きなスタートを切ったと言えるでしょう。

マイクロソフトは、最近のゲーム機の発売で、日本における新たな取り組みを行いました。昨年11月に他の地域と同日に発売されたXbox Series XとSは、従来のゲーム機では1年後に発売されていましたが、フィル・スペンサー氏は、今世代のゲーム機では日本のプレイヤーによりよく対応するつもりだと述べています。

昨年4月にコンソールとPCの両方でXbox Game Passを日本で発売してから数ヶ月間、日本では過去最高のプレイヤー数を記録したと、スペンサー氏は以前に語っています。

マイクロソフトは、アジアのゲーム開発会社、特に日本のスタジオを買収したいという願望を何度も公言しています。

昨年には、Xboxが日本でのスタジオ買収を模索する中で、『大小の』日本のゲーム開発者との話し合いを続けていると主張していました。


関連リンク


日本で10万台突破したとしていて、XBOXOneを超えたとしており、購買層が明らかに拡大しているのがわかりますね。それだけハードに期待している人が多いと見ていいですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

セガガガガ  

SeriesSでGamePassを楽しましてもらってますが、かなり満足度は高いです。
SeriesXに買い替えたいけど、どこも在庫なく手に入らない状況がもどかしい。

2021/10/15 (Fri) 11:10 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうでしたか。ゲームライフを満喫しているようですね。
XSXもなかなか手に入らないですから、いつ在庫が潤沢に
なるかですよね。

2021/10/15 (Fri) 11:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment