ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『バトルフィールド2042』のベータ版は期待していたクオリティに達していなかった中、その訳の一端となる理由を示唆



『バトルフィールド2042』のベータ版は期待していたクオリティに達していなかった中、その訳の一端となる理由を示唆としていて、それなりに理由があるらしいという話になっていますね。


『バトルフィールド2042』のベータ版は、多くのファンが期待していたようなものではありませんでした。サーバーの問題や不具合といった基本的なことへの不満や、ベータ版のビルドが実際にどれくらい古いものなのかという憶測はたくさんありましたが、それ以上に、多くの人がゲームの感触を批判していました。キャラクターの動き、銃撃戦、レベルデザインなどが、これまでの『バトルフィールド』とは違うと感じていたのですが、それにはちゃんとした理由があることがわかりました。

過去に何度も『バトルフィールド 2042』の情報を入手している関係者のトム・ヘンダーソン氏によると、『バトルフィールド 2042』は実際には、『Apex Legends』に大きな影響を受けたバトルロイヤルゲームとしてスタートし、その後、より伝統的な『バトルフィールド』体験に変わっていったとのことです。

今のところは大いなる噂に見ていますが、『バトルフィールド 2042』のベータ版には、見捨てられたバトルロイヤルの方向性の名残が確かにたくさんあるようです。広くて開放的で、戦略性を重視しないレベルデザインから、エイペックスのようなスペシャリストまで、点と点を結びつけたくなるような要素があります。

もちろん、『バトルフィールド 2042』にはハザードゾーンモードでのバトルロイヤルのようなものが残っているという噂もある。EAとDICEは『ハザードゾーン』の詳細をほとんど明らかにしておらず、分隊ベースの高難度の協力プレイだとしか言っていませんが、『Escape from Tarkov』やその他の目的地ベースのバトルロイヤルにヒントを得ていると言われています。EAとDICEは今週木曜日(10月14日)にHazard Zoneの最初のトレーラーを公開すると約束しているので、我々はすぐに詳細を知ることができるだろう。

『バトルフィールド 2042』は、PC、Xbox One、Xbox Series X/S、PS4、PS5で11月19日に発売されます。


関連リンク


ベータ版の完成度に難ありだった中、その訳となる理由が示唆されており、バトルロワイヤルにそのヒントがあるとしていて、軌道修正がうまくいったかどうか?

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment