ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

本日、The Witcher 3の開発元であるCD Projekt REDは、ValveのSteam Deckで動作させた数本の動画をTwitterで公開へ



本日、The Witcher 3の開発元であるCD Projekt REDは、ValveのSteam Deckで動作させた数本の動画をTwitterで公開へとしていて、どのような動作をしているかを見る事が出来そうですね。



本日、The Witcher 3の開発元であるCD Projekt REDは、受賞歴のあるベストセラーゲームをValveのSteam Deckで動作させた数本の動画をTwitterで公開しました。

Steam Deckのティアダウンではその洗練されたデザインが確認できますが、ValveはパーツとSSDがスワップ可能ではないと警告しています。

興味深いことに、CD Projekt REDは、これがThe Witcher 3の現行機バージョンであることを明示しました。このゲームは、レイトレース効果やロード時間の短縮などを特徴とする次世代処理が施されており、発売日は2022年にずれ込む可能性があるものの、まだ暫定的に今年の後半に予定されているからです。

Steam Deckは、AMD RDNA2ベースのグラフィック・プロセッシング・ユニットを搭載しているため、レイトレーシング(およびDirectX 12 Ultimateテクノロジーの1つである可変レート・シェーディング)を技術的にサポートしています。しかし、携帯型のハードウェアでは、次世代版のウィッチャー3を動作させるのは難しいかもしれません。

もちろん、Saber Interactiveは2019年後半に完全に機能するNintendo Switch版を作ることに成功しているので、これが初めてのポータブル版ではないだろう。Steam Deckは、より強力なスペックのおかげで、おそらくより良い体験を提供できるはずだ。

念のために言っておくと、Valveのハンドヘルド・ゲーミングPCは12月に出荷を開始します。


関連リンク






Steam Deckでどのような動作をするか確認する事が出来ますね。クオリティ的にはスイッチ版より上になるでしょうから、期待できそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment