ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Digital FoundryによるNintendo Switchのテクニカルレビューが掲載、その中身とは?



Digital FoundryによるNintendo Switchのテクニカルレビューが掲載、その中身とは?としていて、どのような結論を導いているのかというものであって、その辺を注目したいですね。


Digital FoundryによるNintendo Switchのテクニカルレビューが掲載されています。

全体的には、有機ELモデルのアップグレードに焦点を当て、重要なスクリーンとビルドクオリティの点で、非常にポジティブな評価となっています。

結局のところ、Switchの有機ELモデルは画面がすべてであり、任天堂のこの機種に対するアプローチに失望した人もいるかもしれませんが、この新型機は私が常に望んでいたプレミアムな品質を実現しています。現行機の物理的な設計上の大きな弱点をすべて解消し、画面を大幅に強化しています。特に、『メトロイド・ドレッド』のようなゲームが改良後のシステムでどれほど美しく動作するかを見れば、携帯モードでの使用をもっと増やしたいと思うほどです。もちろん、ドック入りした状態でしかプレイしないのであれば、本当の違いはわかりません。確かに、より美しいデザインに変更された新しいドックと実際のLANポートを備えていますが、それ以外は本当に以前と同じシステムなのです。

任天堂が次世代のSwitchをいつ発売するかはわかりませんが、それまでの間、Switchの優れたゲームライブラリを楽しむには、新しい有機ELモデルが絶対的に最適です。まだSwitchをお持ちでない方で、これから購入を検討されている方は、ぜひこのモデルを手に入れてください。また、すでにSwitchをお持ちの方で、携帯モードでの表示品質を重視される方は、ぜひともアップグレードしていただきたいと思います。


関連リンク


4k化されない事についてはもう語られなくなっていますね。有機ELディスプレイが非常にいい反応を得られており、携帯機としての価値を十分に見出せる人向きですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment