ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ゲームデザイナーのAmerican McGeeは、いつかEAからアリスシリーズの3作目の制作を依頼されることを期待していると答えているのを紹介!



ゲームデザイナーのAmerican McGeeは、いつかEAからアリスシリーズの3作目の制作を依頼されることを期待していると答えているのを紹介!としていて、一体どのような考えとアプローチをしたいと思っているのか?



ゲームデザイナーのAmerican McGeeは、いつかEAからアリスシリーズの3作目の制作を依頼されることを期待しているそうです。

McGeeは、Dead Spaceのリメイクが発表された後にTwitterに投稿し、Dead SpaceがIP復活の可能性から外れることで、アリスが復活する可能性が高くなることを期待していると述べました。

『私(とアリスファン)は、EAの次のホラープロジェクトがアリスの新作であることを望んでいましたが、これは少なくとも私たちを前進させるものです』と主張しました。

『将来のある時点で、EAの重役たちが『もっと製品が必要だ!』と叫び、誰かが『アリス?そして、私たちは準備ができています!』と主張しました。

McGeeのキャリアは、id Softwareで始まり、DoomやQuakeシリーズの数々のゲームでレベルデザイナーとして活躍しました。

idを退社後、エレクトロニック・アーツに入社し、2000年に発売された小説『不思議の国のアリス』をダークでバイオレンスにアレンジした『American McGee's Alice』のクリエイティブ・ディレクターに就任しました。

McGeeのゲームでは、アリスの家族が家の火事で死んでしまう。5年後、精神病院で昏睡状態にあったアリスは、超現実的で醜い姿になったワンダーランドに精神的に戻ってくる。

2011年に公開された続編『Alice: Madness Returns』では、アリスはクリニックを退院し、心に傷を負った孤児たちのための施設で暮らすことになる。ワンダーランドの幻覚を見続けていたアリスは、再びワンダーランドに入り、新たな悪に立ち向かい、自分の過去について知ることになる。

McGeeによると、『Alice.Asylum』と題した3作目のゲームがすでに構想されているという。このプロジェクトのPatreonページで、McGeeは次のように述べています。『私の目標は、制作・デザインプランを構築し、そのプランをEAに承認してもらい、新しいゲームを開発するための資金を集めることです。』


関連リンク


構想自体はすでに頭の中ではありそうですね。今のEAがGOサインを出すかというのはかなり厳しいでしょうが、デッドスペースが超ヒットしたらありえるかもしれませんね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment