ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂がまだトランプしか作っていなかった時代に現存していた旧任天堂社屋を忠実に再現、モデルハウスを作ってしまったという人が話題に



任天堂がまだトランプしか作っていなかった時代に現存していた旧任天堂社屋を忠実に再現、モデルハウスを作ってしまったという人が話題にとしていて、実際の写真もあるので、必見の1枚ですね。


多くのゲームファンは、任天堂がトランプ会社だった頃の旧本社を見に行くことを夢見ています。しかし、2004年に伝統的な木造建築が取り壊されたため、完全なオリジナルの社屋ではありません。

しかし、任天堂のプレイングカードの記念品を熱心に収集していたファブリス・ハイリッグ氏が、この建物を自分のコレクションのための家として再現したという、なんとも素敵な出来事がありました。

『Before Mario』に掲載されたインタビュー記事は、このプロジェクトの開発過程の写真に加え、本物へのこだわりが感じられるので、一読の価値があります。日本の建築基準に従った建築から、本物のタイルの調達、赤い消火器の再現など、素晴らしい努力がなされています。

任天堂がゲーム業界に足を踏み入れ、業界を永遠に変えてしまう前の、任天堂の歴史を称えるコレクションにとって、これ以上の家はありません。


関連リンク





これは並々ならない任天堂愛を感じる作りになっており、当時を知る限り忠実に再現したものになっており、2004年前に現存していた社屋を復元した価値は凄いですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment