ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Vampire: the Masquerade』の続編の開発がさらに問題、延期を発表へ、開発スタジオも変更に



『Vampire: the Masquerade』の続編の開発がさらに問題、延期を発表へとしていて、開発スタジオも変更にとしており、その辺はどのようなやり取りになったのかというものですね。


問題となっていた『Vampire: the Masquerade』の続編の開発がさらに問題となっています。

Paradoxの最新の収益の一部として行われた声明の中で、パブリッシャーは次のように述べています。

『Vampire: The Masquerade Bloodlines 2』のリリースをさらに延期することを決定し、2021年の発売を見送ることになりました。また、Hardsuit Labsが『Bloodlines 2』の開発をリードしないことを決定し、新たなスタジオパートナーとのコラボレーションを開始しました。これは難しい決断でしたが、ゲームの正義を貫くための正しい道だと確信しています。

『Masquerade』の続編は、ライターやクリエイティブディレクターがプロジェクトから解雇されたり、度重なる(そして大幅な)遅延が発生したりと、何年も前から問題に悩まされてきました。しかし、これはビデオゲームの世界では、大きなスピードバンプや遅延は珍しくありません(サイバーパンクからヘイローインフィニット、アンセムまで、その例を見てみましょう)。

オリジナル・ヴァンパイアのリードライターであるブライアン・ミツダ氏が『彼らが作った(まあ、始めた)ゲームからスタジオ全体を削除することは別のことですが、このゲームがリリースされるまでに、この『新しいスタジオのパートナー』がどれだけの仕事をしたかを見るのは興味深いことでしょう。もしリリースされることがあればの話ですが。』と語っています。

ゲームのウェブサイトには『現時点では新しい発売日をお知らせすることができませんので、当分の間、予約注文の受付を停止することにしました』との声明が掲載されています。

また、同サイトではHardsuitのこれまでの取り組みに感謝の意を表し、『この機会にHardsuit Labsの努力に敬意を表し、プロジェクトのハードワークに感謝したいと思います』と付け加えています。『スタジオはゲームの基礎を築くために多大な仕事をしてくれましたが、コミュニティの皆様にも『Bloodlines 2』への貢献に感謝していただきたいと思います。』


関連リンク


紆余曲折を経て、未だに完成しないとしており、このプロジェクト自体がどうなってしまうのかというものであって、待っている人はどう感じているのかといえそうですよね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment