ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ブラインドルートBOXを購入したFortniteとRocket Leagueのすべてのプレイヤーは、集団訴訟の和解が成立へ



ブラインドルートBOXを購入したFortniteとRocket Leagueのすべてのプレイヤーは、集団訴訟の和解が成立へとしていて、その辺はどんなやり取りがあったのかというのが見所になってきそうですね。


ブラインドルートBOXを購入したFortniteとRocket Leagueのすべてのプレイヤーは、集団訴訟の和解の一環としてゲーム内通貨を受け取ることになるとEpic Gamesが月曜日に発表しました。

両ゲームともにランダムアイテムのルートBOXを購入する機会をプレイヤーに提供していましたが、Epicが2019年にこのオプションを削除し、プレイヤーが何を購入しているかを事前に表示するより透明性の高いシステムを採用するようになりました。

中止になる前に『Fortnite Save The World』でランダムアイテムの戦利品ラマを購入したプレイヤーは、自動的に1,000Vバックス(7.99ドル/6.49ポンド)がアカウントに 『今後数日間 』振り込まれることになります。

同様に、これまでにイベントクレートやRocket Leagueでクレートを開けるために使用したキーを購入したことがある人は誰でも1,000クレジット(約9ドル/£6.80)を受け取ることができます。

『この和解は米国のプレイヤーのみを対象としていましたが、この特典を世界中のプレイヤーが利用できるようにすることにしました』とEpicは述べています。

Epic は、5 月の最終承認審理に向けて、ノースカロライナ州の高等裁判所での集団訴訟和解案の予備承認の確認を受けた後、本日より特典の配布を開始します。

また、この和解案は、米国に拠点を置くFortniteとRocket Leagueのプレイヤーに対して、プレイヤーがFortniteとRocket Leagueのゲーム内アイテムを購入したことに起因するクレームを解決するため "に、最大2650万ドルの現金とその他の利益を提供しています。

『Fortnite Loot LlamasやRocket League CratesのようなランダムアイテムのルートBOXの提供を中止したのは、一部のプレイヤーが期待していたランダムアイテムを受け取れずに何度も失望していることに気付いたからです。』とEpicのCEOであるTim Sweeney氏はThe Vergeに与えられた声明の中で述べています。『プレイヤーは、ゲーム内で購入する際には、何のためにお金を払っているのかを前もって知るべきです。』 

ゲーム会社にとって非常に有利になり得るルートBOXの使用は、ここ数年の間に監視の目が厳しくなってきたが、米国では依然として合法であることに変わりはない。

2018年4月には、オランダ賭博局とベルギー賭博委員会が、特定の種類のルートBOXは賭博法に違反していると宣言し、ゲームへの組み込みの取り締まりにつながった。

2020年には、貴族院は英国政府に対し、ルートBOXをギャンブルとして再分類するよう促した。


関連リンク


ルートBOXで和解したとしており、この手の訴訟はいろいろとあるだけに、そのきっかけになるかというものですね。ルートBOXはギャンブルと認定される日も近いかもしれないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment