ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

スペインにおけるPS5とXbox Series X/Sのロンチ時に売れた具体的な数字が明らかに



スペインにおけるPS5とXbox Series X/Sのロンチ時に売れた具体的な数字が明らかに、どちらも固定ユーザーがいますが、PSがやはりこの地域でも強く、それを如実に感じる結果になったようですね。



今月はソニーとマイクロソフトの両方にとって大きな月でした。ソニーはPS5が過去最大のコンソールの発売だったと言い、マイクロソフトはXbox Series X/Sも過去最大のコンソールの発売だったと言い、両方の発売がうまくいったようです。今日はスペインからの数字をいくつか入手したので、その地域のために何をしたのかを具体的に見るためにズームインしてみました。

Vandalが報じたように、PS5は約43,000台を動かし、その内訳はディスク版が38,000台、デジタル版が5,000台となっている。マイクロソフトは、Xbox Series Xが10,500台、Xbox Series Sが3,600台となっており、約14,100台となっています。

この2つの間では数字が大きく異なっているように見えますが、これは以前のシステムとかなり一致しています。Vandal氏が概説するように, マイクロソフトは、Xbox Oneが15,000をクリアし、Xbox 360が14,900とそのちょうど不足していると最後の2つの世代とほぼ正確に同じ量を動かしています。

ソニーも同じくらいですが、全体的には上昇傾向にあります。PS5の発売週は、PS4が38,000台、PS3が35,000台、PS2が40,000台と、過去3世代の発売週に比べて若干良い結果となっています。おそらく最大の目玉はPSPが5.4万台売れたことだと思うが、これは、かなり意外な数字だ。

一般的に、ソニーはヨーロッパでは常に大きな足掛かりを持っていたので、この偏った数字はそれほど驚くべきものではありません。


関連リンク


一番歴代で売れたハードがPSPというのは自分も知っていたので、それを超えることが出来なかったというのはちょっと意外でしたね。それでも、据え置き機としては最大のスタートになりましたね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment