ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

スクウェアエニックスの『マーベルアベンジャーズ』は未だに開発費を回収できていないことが明らかに



スクウェアエニックスの『マーベルアベンジャーズ』は未だに開発費を回収できていないことが明らかにとしていて、PS5やXSX版、DLCなどで売り上げを伸ばしていく作戦のようですが、果たしてうまくいくのかどうか?


スクウェアエニックスは今週の決算報告の中で、Marvel's Avengersの売上が社内の予想を下回っており、多額の開発費を回収できていないことを明らかにしました。同タイトルは9月にPS4、PC、Xbox One向けに発売され、強力なマーケティングキャンペーンに支えられていました。

『Marvel's Avengers』の売上が予想を下回り、ゲームの開発費の償却費を完全に相殺することができませんでした。

開発費の償却に加えて、COVID-19の流行によるマーケティングの遅れを補うために、発売時に大規模な広告キャンペーンを実施したことも、本作の大きな要因となっています。第3四半期にはまだ開発費の償却が必要な部分がありますが、今後の売上拡大で回収していきたいと考えています。

アナリストのDavid Gibson氏によると、パブリッシャーは予定販売本数の60%程度をフロッキングしており、ゲームの製作費は1億ドル程度と推定されています。

Marvel's Avengersは発売後も豊富なコンテンツでサポートされる予定なので、売上が伸びる余地は十分にあります。また、本作は2021年にPS5とXbox Series X/Sでの発売が予定されており、新ハード向けに様々な性能強化が施されています。


関連リンク


開発費を回収するのはこれからだとしていて、それが次世代機で可能になるのかは不透明ですよね。なんとか最低イーブンにしたいと思っているでしょうが、果たしてうまくいくのかどうか?

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment