ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

バイオハザードヴィレッジが2025年までにどれ位売りたいのかDusk Golem氏が伝える



バイオハザードヴィレッジが2025年までにどれ位売りたいのかDusk Golem氏が伝えるとしていて、カプコンとしては歴代最多を狙っており、それ相応のプロモーション展開となる映画とのタイアップ効果も狙っているようですね。


カプコンは、『バイオハザード2』(累計750万本)、『バイオハザード7』(累計830万本)を発売し、過去最高の売上本数を記録するなど、 『バイオハザード』の商業的成功を収めてきました。続編となる『バイオハザードヴィレッジ』では、さらに驚異的な売上を期待しているという。

バイオハザードに詳しいDusk Golem氏がTwitterに投稿したところによると、カプコンは来年の発売から約4年後の2025年3月までに全世界で1,100万本の販売本数を見込んでいるとのことです。

カプコンとしては、『バイオハザード7』よりも評価が高く、よりジューシーで良いゲームになることを期待しているとのことです。また、Netflixの実写版シリーズやCGシリーズ、映画のリブートなど、最近のバイオハザードに関するメディアの発表は、フランチャイズ全体への関心を高め、ビレッジの売り上げにも貢献しそうだとも語っている。

バイオハザード ヴィレッジ』はPS5、Xbox Series X/S、PC向けに2021年に発売されるが、PS4版とXbox One版も検討されている。先日のリークでは4月に発売されることが示唆されています(その前にデモがリリースされる可能性もある)。


関連リンク


『バイオハザードヴィレッジを見事に当てた実績のあるDusk Golem氏だけあって、可能性に含みを持たせる意味あいがありますね。カプコンは時折歴代バイオのセールをやるため、売上数は伸びる傾向がありますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment