ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Series X/S、PCでリリースされるホラーゲーム『The Medium』のゲームプレイ時間とメカニックについてクリエイターが語る



Xbox Series X/S、PCでリリースされるホラーゲーム『The Medium』のゲームプレイ時間とメカニックについてクリエイターが語るとしていて、デュアルスクリーンが印象的なゲームですが、どのように進展していくのか?


Bloober Teamの『The Medium』は、これまでで最も意欲的なゲームになりそうだ。このジャンルの他の作品やBloober自身のこれまでの作品とは一線を画し、そのデュアルリアリティのゲームプレイであり、プレイヤーはゲームのある時点でゴーレムと現実世界を同時に移動することになる。

先日、開発元にゲームに関する質問をいくつか投げかけたところ、その過程でこのホラータイトルについてかなりのことを知ることができました。プロデューサーのJacek Zieba氏によると、『The Medium』は8~10時間程度の長さになるとのことですが、これはホラータイトルとしては申し分のない長さだと思います。

デュアルリアリティのメカニックとゲーム内でのメカニックについて質問されたZieba氏は、ゲームプレイと同様にストーリーテリングのために使用されており、ゲームの約33%がこのメカニックを使用していると答えました。

『このゲームの主な信条は二元性であり、ストーリーからゲームプレイの結末に至るまで、異なる視点を提供することである。プレイヤーはゲームの約33%をデュアルリアリティゲームプレイでプレイすると予想できますが、残りの部分は現実世界か精神世界のどちらかの単一の現実の中で行われます。』

『これは、プレイヤーが現在どの世界にいるのかを常に驚かせるためのものであり、また、プレイヤーがどのように世界を利用して有利になるのかという新たな課題を提示することを目的としています。』と彼は付け加えました。『ゲーム内のいくつかのポイントで、プレイヤーは特定の場所で現実世界から精神世界に移動できるようになります。ゲーム全体は、デュアルリアリティのゲームプレイの中でお互いの現実の中で新しいゲームプレイのメカニズムを発見できるように設計されているので、ゲーム中にいつでも世界を切り替えることはできません』と説明しました。

Zieba氏は続けて、2つの現実を同時に見せることがBloober Teamの『ストーリーをさらに強化するために設計された主要な哲学』であると説明しましたが、それはゲームプレイや雰囲気の面でも活かされることになります。『デュアルリアリティのメカニックは、ゲームプレイや探索を促進するだけでなく、雰囲気そのものを取り入れることにもつながります。一方の世界では一見安全な場所にいることができますが、プレイヤーは同時に2つの世界にいることになるので、もう一方の現実に何かが潜んでいるかどうかは実際には分かりません。』

The Medium』はXbox Series X/SとPC向けに2021年1月28日に発売される。PS5版は現在のところ予定されていない。


関連リンク


8時間~10時間程度のホラーゲームになるとしており、濃密な体験ができそうな話になっていそうで、XSXを持っている人や買う動機になる作品といえますね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment