ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Activisionの新たな特許によると、Call of Dutyのプレイヤーがカスタマイズした武器の装填をソーシャルネットワークで直接共有できるようになる可能性を示唆



Activisionの新たな特許によると、Call of Dutyのプレイヤーがカスタマイズした武器の装填をソーシャルネットワークで直接共有できるようになる可能性を示唆していて、本当なら画期的なことが実現できそうですね。



Activisionの新たな特許が示唆するところによると、Call of Dutyのプレイヤーがカスタマイズした武器の装填をソーシャルネットワークで直接共有できるようになるかもしれないとのことです。

GameRantが報じたように、この特許には『1つ以上のソーシャルネットワークを介してマルチプレイヤービデオゲームのカスタマイズされた武器構成を作成し、共有するための方法が提供されている』と記載されています。

この機能により、人気の高いCall of Dutyストリーマーが、自分のゲームビルドをフォロワーと直接共有できるようになる可能性があります。

この特許はCall of DutyのGunsmithにも適用されます。この機能は、最近の『Warzone』や『Black Ops Cold War』、『Modern Warfare』などの作品で、ユーザーがアタッチメントや特典、特殊な弾薬の種類で武器をカスタマイズできるようにするものです。

新しいプレイヤープロファイルやクラスを作成する際に、プレイヤーは自分が作成した以前のカスタム設定や、他のプレイヤーが作成したものを選択することも可能になるという。

ロードアウトが共有されると、全体的なビルドのポジティブな点とネガティブな点が表示されるパフォーマンスプロファイルが発行されるほか、プレイヤーがロードアウトを使用した際にどの程度の成績を残したかを示す『グローバルパフォーマンス評価』も発行されます。

特許によると、プレイヤーはロードアウトをアップロードする際に、パーソナライズされたテキスト、グラフィック、オーディオ、ビデオを含めることも可能だという。また、設定された時間内に様々な統計値を超えるなど、自分の銃のバージョンに課題を設定することも可能です。

『プレイヤーは、特定のプレイヤーのパフォーマンス統計(例えば、キル数、精度、殺傷率、勝敗率、1分あたりのキル数、スコア、またはその他の統計)、武器使用統計、または評価を取得したり、それを超えたり、与えられた武器構成を使用して他の目的を達成したりするために、1人または複数の他のプレイヤーにチャレンジを発行することができます。』と特許には記載されています。


関連リンク


これら特許により、人気のストリーマーと同じ設定を共有出来るようになるとしていて、大きな可能性を秘めているとしており、本当に実現なるか?といったところですよね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment