ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

11月19日に公開された『サイバーパンク2077』の新トレーラーが僅か4日間で2100万回再生を達成していたことが判明



11月19日に公開された『サイバーパンク2077』の新トレーラーが僅か4日間で2100万回再生を達成していたことが判明したとしていて、それだけ期待の表れであって、海外のファンが大勢いることを裏付けるものですね。



待ちに待った『Cyberpunk 2077』ですが、最新のゲームプレイトレーラーの現在の再生回数から判断すると、期待感はかつてないレベルに達しているように感じられます。

先週11月19日に公開された最新の公式ゲームプレイトレーラーは、『Night City Wire』最終エピソードの直後に公開され、約4日間で2100万回以上の再生回数を記録しています。これは過去数年で最も人気のあるロールプレイングゲームの1つとなる『Cyberpunk 2077』にとって良い前兆であることは間違いありません。

先週の『Night City Wire』に続き、16時間プレイした『Cyberpunk 2077』の感想を複数のメディアがシェアしている。その中のいくつかは、近接戦闘が非常に満足度が高く、特に刀戦闘が完璧に実行可能であることを強調している。


『Cyberpunk 2077』の剣は、弾切れになった時に頼るだけの近接武器ではない。それだけではなく、プレイスタイル全体に影響を与えることもある。剣に特化した特典としては、疾走に応じてアーマーを増加させる『スロー&ステディ』があり、これにより敵を撃ち殺されることなく接近することができる。また、デスボルト(Vが刀を舐めているのがわかるアイコン)は、どんな刃のついた武器でも人を殺した瞬間にヘルスを回復し、移動速度を上げてくれます。

ブラックユニコーンのような高品質の剣は、これらの特典と相まって、Cyberpunk 2077でのブレードの振り回しは、信じられないほど満足度が高く、超効果的なものとなる。注意深く、環境を有利に利用すれば、重装備の兵士の施設を一発も撃つことなく一掃することも可能だ。

『Cyberpunk 2077』は、PC、Stadia、コンソールで12月10日に発売されます。 PCでゲームを手に入れようとしている方は、CD Project Redによる近日発売予定のRPGに対応しているかどうか、更新されたシステム要件をチェックしてみてはいかがでしょうか。


関連リンク


4日間で2100万回再生を達成するという凄さを発揮しているだけあって、海外のゲーマーを中心に熱狂的に支持されているのが感じ取れますね。発売日まであと僅かなので楽しみですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment