ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Cyberpunk 2077のレイトレーシング映像を公開し、最終的なPCシステム要件を明らかにした中、AMDを使用している人はロンチにはサポートされないと指摘



Cyberpunk 2077のレイトレーシング映像を公開し、最終的なPCシステム要件を明らかにした中、AMDを使用している人はロンチにはサポートされないと指摘されており、何故そのような差が生まれているのかですね。



CD PROJEKT REDは、昨日Cyberpunk 2077のレイトレーシング映像を公開し、大規模な期待のファーストパーソンオープンワールドロールプレイングゲームの最終的なPCシステム要件を明らかにしました。

Cyberpunk 2077 のレイトレーシングの仕様は、NVIDIA GeForce RTX グラフィックカードのみに言及していますが、新しい AMD Radeon RX 6000 グラフィックカードもハードウェアで加速されたレイトレーシングを提供しています。

これを受けて、あるユーザーがCD PROJEKT REDのコミュニティマネージャーMarcin Momot氏にAMDハードウェアのレイトレーシング仕様について質問したところ、Momot氏はRadeon GPUの発売時にはこの機能は利用できないと回答しましたが、スタジオはできるだけ早く実現できるように取り組んでいます。

Cyberpunk 2077 のレイトレーシングが Microsoft のオープンな DXR API をベースにしていることが最近確認されたので、これは NVIDIA の独自機能の場合などではありません。CD PROJEKT REDがAMDの異なるアーキテクチャ用にレイトレース機能を最適化するために時間をかけているか、またはこれは単にNVIDIAとのマーケティング契約の副産物であるかの2つの選択肢があります。

結局のところ、私たちは、ほんの少し前にGodfallで逆に同じことを見てきました。そのゲームはAMDとのマーケティング契約で紹介され、そのレイトレーシング機能(特にシャドウ)はAMD Radeonグラフィックスカードでのみ発売され、NVIDIA GeForceユーザーはそれを『すぐに』手に入れることができました。

願わくば、これがゲームのマーケティング契約に応じて、時限付きの排他的なレイトレーシング効果の連続的なストリームの開始でないことを願っています。

とりあえず、『Cyberpunk 2077』のレイトレーシングの話に戻りますが、どのエフェクトがタイトルに登場するのかをまとめておきましょう。もちろん、NVIDIA DLSSも用意されており、パフォーマンスが大幅に向上しています。

レイトレース拡散照明 - これは、従来のレンダリング技術では実現が困難であった、空の輝きや様々な表面からの放射状の照明をキャプチャします。この機能を有効にすると、ビルボードやその他の照らされたサーフェスやオブジェクトが自然な色の照明で周囲を明るくし、太陽と月がナイトシティをリアルに照らします。

レイトレース反射 - サイバーパンク 2077 では、レイトレース反射が全てのサーフェスで使用され、最大数キロまでの範囲をトレースすることができ、広大な視野の距離に渡ってリアルな反射を可能にします。不透明と透明の両方のオブジェクトや表面に存在し、シーンに対して反射光線のシングルバウンドをトレースすることで、光沢のある表面や金属表面からの光の反射をシミュレートします。

レイトレースされたアンビエントオクルージョン - Cyberpunk 2077では、レイトレースされたアンビエントオクルージョンをローカルライトと一緒に使用することで、シャドウが欠落したローカルシャドウイングエフェクトを近似させることができ、アンビエントオクルージョンエフェクトの品質を大幅に向上させることができます。

レイトレースされたシャドウ - Cyberpunk 2077では、光の強さや雲を介した光の散乱などに基づいて、太陽や月の光による方向性のある影がゲームに追加されます。


関連リンク


レイトレーシングがAMDのグラフィックカードにはロンチには対応していないとしていて、PCでゲームを満喫しようとしている人は注意が必要ですよね。こういうケースが今後どんどん増えてくるのかというのがちょっと心配ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment