ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

11月21日はスーパーファミコンが発売されて30周年!を紹介!



11月21日はスーパーファミコンが発売されて30周年!としていて、回転拡大縮小が扱え、FZEROがスーパーマリオワールドよりも魅力的に当時は映りましたね。それだけ他のゲーム機ではできない表現は画期的でしたね。


1990年(平成2年)11月21日は、スーパーファミコンが発売された日。本日でちょうど発売から30周年を迎えた。

 スーパーファミコンは、任天堂から発売された据え置き型ゲーム機。ファミリーコンピュータの後継機で、おそらく多くのユーザーは“スーファミ”の愛称で親しんでいたのではないだろうか。各ハードメーカーが次世代機を発売する中で本機は何度か延期したため、発売自体は後発。筆者を含めた当時のゲームキッズたちは、けっこうやきもきさせられたものだった。

 コントローラーは本体から脱着可能となって、新たにX、Y、L、Rボタンが追加。以降は親指で押下する4つのボタンに、人差し指などで操作するLRボタンを加えた形がゲームコントローラーの基本形となっていった。途中、ニンテンドウ 64やゲームキューブのコントローラーで配置が変わったものの、現在でもこの形が踏襲されているのだから大発明だったと言っていいだろう。当時としてもLRボタンの存在は画期的だったので最初はけっこう戸惑ったが、すぐに慣れてその便利さに気付かされたのを覚えている。

 本機の最大のセールスポイントと言えば、やはり“拡大”、“縮小”、“回転”機能が備わっていること。ゲーム演出の可能性が一気に広がり、各メーカーが工夫を凝らしてゲームを盛り上げてくれた。現代の感覚では「そんなことがセールスポイント?」と思うかもしれないが、当時のゲームマシンではそんなことすらぜんぜんままならなかった。ゆえに、多くのゲームファンたちは機能を初体験した際に感動に打ち震えたに違いない。『F-ZERO』ではコースを疾走するスピード感とカーブなどが近づいてくる迫力に圧倒されたし、『パイロットウイングス』のスカイダイビングでは落下の臨場感に体の一部がヒュンとなったりした記憶もある。大げさではなく、当時のゲームファンたちはゲームの中で何かが拡大縮小回転するだけで「おおっ!」と感嘆の声を上げていたものだった。後にはスーパーFXチップを搭載した『スターフォックス』なども登場し、3Dポリゴンを使った表現も可能になったのは驚かされた。


 ゲームの大容量化が進むにつれ、ソフト価格が高騰していったのもいまとなっては懐かしい思い出。ロムカセットのそもそもの値段が高かった影響だと思うが、一部のソフトは10000円を超えていたので、現代と比較しても高い金額だったと言える。筆者が購入したものでいちばん高額だったのは『スーパー三國志II』で14800円だったような……。もっともコーエーのシミュレーションはもとから高かった気もするが(笑)。ちなみに、ローンチタイトルは『スーパーマリオワールド』と『F-ZERO』の2本のみと少しさびしいスタートだった。

 1998年3月27日には、廉価版のスーパーファミコンジュニアが登場。カセットのイジェクト用のボタンや拡張端子などが削除されたため、小型化されてデザインを一新している。2017年10月5日には、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンが登場。ミニファミコンに続いて発売され、ゲーム機の復刻版ブームに拍車をかけていたのも記憶に新しいところだろう。


関連リンク


安定の作りのスーパーマリオワールドにちょっとがっかりして、FZROに度肝を抜いて、グラディウス3の処理落ちにがっかり・・・と1990年のゲームを体感しましたね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment