ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Call of Duty: Black Ops Cold Warは、PlayStation 5とXbox Series X|Sでレイトレーシングと120 FPSモードの両方で有効に機能していることを確認



Call of Duty: Black Ops Cold Warは、PlayStation 5とXbox Series X|Sでレイトレーシングと120 FPSモードの両方で有効に機能していることを確認としていて、アナリテックテストを実施しており、そのパフォーマンスをチェックですね。


Call of Duty: Black Ops Cold Warは、PlayStation 5とXbox Series X|Sでレイトレーシングと120 FPSモードの両方でほとんどの部分で良好に動作するようだと、新たな映像分析が行われています。

VG TechがYouTubeで共有した新しい映像は、レイトレーシングと120 FPSモードの両方でダイナミックレゾリューション使用していることも確認されています。また、PlayStation 5版ではレイトレーシングモードにおいて、以前は60 FPSで動作していたシーケンスでランダムなフレームレートの低下が見られる問題があるようで、今後のアップデートで修正される可能性が高いようです。

テストしたバージョンはPS5が1.004.000、Xbox Series X|Sが1.0.3.0(どちらもテスト時は最新バージョンを使用)。120fpsモードは1080pでキャプチャした。PS5とXbox Series Xでテストした60fpsモードではレイトレーシングが有効になっており、これは特定のシャドウに対してレイトレーシングの形式を使用しています。Xbox Series Sには120fpsモードもレイトレーシングモードもありません。

レイトレーシングモードのPS5とXbox Series Xは両方とも、最高解像度が3840x2160で、最低解像度が1920x1800であることが判明したダイナミックレゾリューションで、120fpsのPS5、120fpsのXbox Series Xは、最高解像度が2560x1440、最低解像度が1280x1200のダイナミックレゾリューションを使用しています。120fpsのPS5、120fpsのSeries Xでは、水平解像度がこの数字を下回る場合、2560までの水平解像度を再構築するための時間的再構成のフォームを使用しています。

『Call of Duty: Black Ops Cold War』は、PC、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox Oneで全世界で発売中です。


関連リンク


4kと120フレームが利用可能になっているようで、ダイナミックレゾリューションで動的に変わるとしており、次世代機の恩恵をたっぷりと受けているようですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment