ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5が来年には小幅な値下げに踏み切るだろうとアナリストが予想、その見解とは?



PS5が来年には小幅な値下げに踏み切るだろうとアナリストが予想、その見解とは?としていて、どの程度の値下げになって、そして売りに出されるのかというのは本当ならば興味が沸きますね。


PS5がついに登場し、プレイヤーたちは自分のゲーム機の写真や動画をソーシャルメディア上に投稿しています。配送の盗難や注文の遅れなどの雑多な報道はさておき、PS5の発売はソニーにとってかなり大きな成功のようです。

しかし、その価格帯や世界の現状から、多くのプレイヤーがPS5の購入を遅らせる原因となっています。ありがたいことに、テクノロジーアナリストたちはすでに、PS5が発売から半年ほどで当初の価格帯から値引きされるだろうと予測している。

このレポートは、東南アジアのテックアナリストサイト『iPrice』によるものです。iPriceによると、同サイトは、ソニーの過去のゲーム機の価格パターンと値引き率を分析した上で、PS5の値引きがいつ頃になるかを予測しています。iPriceは、2021年5月までにPS5の値引きが行われる可能性が高いと予測していますが、元の価格の6%程度の値引きにとどまるとのことです。参考までに、PS5の発売日価格は、米国では通常版が499ドル、デジタル版が399ドルとなっています。

つまり、今回の値引きにより、プレイヤーは値引き後の各コンソールで約30ドルの節約ができることになります。さらにiPriceは、来年の今頃には割引額が当初の価格の8%にまで下がり、米国のプレイヤーは約70ドルほど節約できると予測しています。この割引はそれほど大きくないと思われる方もいるかもしれませんが、PS5の発売前の予約注文が混沌とした状況を引き起こしたコンソールの供給不足も考慮に入れておく必要があります。

PS5の発売後、PS5が容易に利用できるようになるかどうかはわかりませんので、ソニーはできるだけ長い間、元の価格ポイントを維持することは理にかなっています。
また、ソニーは、PS4の高額な価格帯を発売後に値引きするのにかなりの時間を要しました。PS4は最終的に多額の値下げを受けましたが、それは発売から2年弱が経過した後のことでした。さらに、PS5は発売時に売れ行きが好調で、供給の制約から需要が非常に高い。ソニーは、PS5の499ドルと399ドルの価格帯を最大限に活用するために、この機会を逃すことはないでしょう。

また、オークションサイトで販売されている多くのPS5本体よりもはるかに安い価格で販売されているという事実も考慮しておく必要があります。eBay や Amazon のようなサイトで簡単に検索してみると、PS5 コンソールが当初の販売価格である 499 ドルをはるかに超える価格で販売されていることがわかります。もちろん、iPriceの予測はあくまでも予測であり、実際にPS5の恒久的な値引きがいつ行われるのか、あるいは実際にどれくらいの値引きが行われるのかはわかりません。とはいえ、アナリストたちは自分たちの最善の予測をすることになるでしょう。

プレイステーション5は現在発売されています。


参照元サイト:『iPrice』


関連リンク


PS5が来年には値下げに踏み切るのでは?としていますが、ライバルのXBOXの動向やニンテンドースイッチのPROバージョンの噂など、動向が気になるところで、本当に実現するかですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

そういえばSwitchは5年目が見えてきてる今でも値下げはしてないんですよね
バッテリー強化版が出た時にクーポンを付けたくらいで

今後、Switchが値下げしたり上位機種を出したりしたときにさらに激しい競争が待ってるかもしれませんね
とはいえユーザー層がそこまで被ってるわけではないので慌てなくていいと思いますが

個人的にPSはPCやXSXの動向を見ながら、という感じだと思います

2020/11/16 (Mon) 20:47 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうでしょうね。スイッチは全然立場的に困っていないので
PROが仮に出た場合、標準モデルを5000円位値下げするかも
しれないですね。PS5やXBOXと違いゆとりはありそうですね。

2020/11/16 (Mon) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment