ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチ版『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のDEMOが配信された中で、フレームレートの低下に懸念の声が上がる



ニンテンドースイッチ版『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のDEMOが配信された中で、フレームレートの低下に懸念の声が上がるとして、その辺は海外のゲーマーから不満の声が上がっているようですね。


任天堂は先日、『ゼルダ無双』のデモをSwitchで公開しました。多くのゼルダファンがそれを楽しんでいますが、共通の懸念事項はゲームのフレームレートについてのようです。

これまでのフレームレートテストでは、この新作は約30fpsを目標にしているが、実際には20fpsまで下がることがあることが明らかになっている。それはヨーヨーのように上下しているようで、人々は気づいています。GameXplainチームの一人のメンバーが言っていたことは以下の通りです。

『この問題は本当に体験の妨げになるので、リリース前になんとかパッチを当ててくれるといいのですが・・・ガーディアンと戦っている2つ目のレベルでは改善されますが、それでも、おそらく後のレベルでも再発するでしょうね。』

この問題は、Nintendo SwitchのサブエディットやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームでも多くのプレイヤーから指摘されています。

『本当に、私はデモについてのすべてのものが好きですが、誰もがすでに話している最大の問題を期待しています。フレームレートは最初のミッションでとても悪いですが、私は本当に彼らが少しであるための方法を見つけることを願っています。2つ目のミッションの方がフレームレートは良かったけど、デモの最初のミッションのFPSが悪かったら、本当に多くの人がゲームを諦めるだろうね。』

また、ゲームの特定の部分の解像度や、ドッキングモードとポータブルモードの両方で、多くのプレイヤーが 『ぼやけている 』と表現していますが、これもあまり良くなっていません。

ゼルダ無双の短い歴史を振り返ってみると、このような事態になることは予想されていたはずだ。

元のゼルダ無双のゲームは、それが最初にWii Uに到着したときに問題の独自のセットを持っていた。 そして、そのターゲットフレームレートが30fpsから60fpsにスイッチへの移行中に30fpsからバンプされたときでさえ、 デジタルファウンドリーは、それはまだ 『十分ではなかった 』と述べた。

当時、John Linneman氏は『ファイアーエムブレム無双』がリリース時にはかなり良い状態になっていたことにも言及しており、いくつかのモードを提供していたので、おそらく、ゼルダ無双ははロンチ時に跳ね返るか、直後にパッチを受けることになるでしょう。

『低解像度720p 60fpsモードと1080 30モード、それは60を打つの合理的な仕事をしましたが、それは一貫性がありませんでした』


関連リンク


プレイした人はフレームレートの低下に懸念を抱いていて、デイワンパッチがあるのかどうか?としていて、720p60フレームを用意してほしいと願っていて、実際にそのような動きに繋がるかどうか?

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment