ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

コジマプロダクションが正式に新プロジェクトを表明!25種目の職種で募集を告知、東京で働くことが条件になると伝える



コジマプロダクションが正式に新プロジェクトを表明!25種目の職種で募集を告知、東京で働くことが条件になると伝えていて、先ほどの音楽家の話はこの話とは別物だったとしていて、それ以外の新作のようですね。


デスストランディングの開発者であるコジマプロダクションは、同社のソーシャルメディアチャンネルに投稿した投稿の中で、『東京のスタジオで働いてくれる最高の人材を探している』ことを確認しました。

コジマプロダクションは、新しいプロジェクトが開発中であることを公式に明らかにし、一連の新しい役割でチームを拡大することを求めています。

コジマプロダクションでは、品質と革新性を重視したスキルを持った人材を常に募集しています。これらのポジションは東京(日本)のスタジオでの勤務となりますので、ビジネスレベルの日本語の会話力と文章力が応募者全員に必要となります。

ウェブサイトには、プログラミング、アート、ライティング、デザインなど25以上の職種が掲載されています。

今回の確認は、コジマプロダクションのオーディオディレクター、ルドヴィク・フォルセル氏が水曜日にソーシャルメディアに投稿した、未発表のプロジェクトのために音楽を録音しているとの内容を受けてのものです。フォルセル氏は後に、その仕事は小島氏とは関係のない『サイドプロジェクト』のためのものだと主張している。

小島秀夫は2019年11月に『デスストランディグ』をリリースして以来、次のプロジェクトを示唆していた。

2019年11月には、小島氏は将来のプロジェクトに備えてホラー映画を見ていることを示唆し、2020年4月には、いつか 革命的な ホラーゲームを作りたいと語った。

翌月、小島氏は最近、開発中の 主要なプロジェクトがキャンセルされたが、次のゲームのために初期の計画段階にある と主張した。さらに最近になって、小島氏はツイッターで次のゲームが『デスストランディング2』である可能性を示唆する画像を公開した。

デスストランディングの俳優ノーマン・リーダス氏は以前、小島氏と別のプロジェクトに取り組むために 交渉中であると主張しており、デスストランディング関連の作品である可能性を示唆していました。

今年の初めには、小島氏はスタジオの次のメジャーリリースに携わりながら、エピソードやデジタル専用タイトルなどの小規模なゲームの制作に挑戦したいと語っていました。

また、デザイナーの小島氏は以前にも、クラウドゲーミングプラットフォームによって可能になった『新しいゲームのフォーマット』を探求したいとの意向を表明しています。


関連リンク





正式にプロジェクトをアナウンスして、職種を募っており、次に向けてはっきり動き出していることが伝わりましたね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment