ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Series X/ S用の『Halo: The Master Chief Collection』をアップグレードする計画の概要を発表、最大4k120フレームで動作して、6つのクラシックタイトルが対応へ



Xbox Series X/ S用の『Halo: The Master Chief Collection』をアップグレードする計画の概要を発表、最大4k120フレームで動作して、6つのクラシックタイトルが対応へとしていて、これはHALOファンは必見といえそうですね。



マイクロソフトは、Xbox Series XとXbox Series S用の『Halo: The Master Chief Collection』をアップグレードする計画の概要を発表しました。そのアップグレード版は、11月10日のコンソールの世界デビューに続く1週間、11月17日にXbox Game Pass加入者を含む既存のXbox One所有者への無料アップグレードとして起動します。

Halo: The Master Chief CollectionのXbox Series XとSeries Sのアップグレードは、『最大4K』の解像度を伴う最大120 FPSのサポートをもたらし、プレイ中のダイナミックなソリューションを示唆しています。この変更はキャンペーンモードとマルチプレイヤーモードの両方に影響を与え、ローカルの分割画面マルチプレイヤーの強化も予定されています。

今回の発表では、Xbox Series XとSにアップグレードされたタイトルのラインナップに、6つのHaloクラシックが追加され、マイクロソフトの大ヒットシューターが新しいコンソールで早くから存在感を発揮することになります。今回のアップデートは、『Halo Infinite』の発売延期により、次のシリーズ作品の発売時期が2021年に延期されたことで残された空白を埋めるのに役立つはずです。


関連リンク


6つのクラシックHALOが最大4k120フレームで動作するアップデートを受ける恩恵は大きいでしょうね。キラーコンテンツは延期されましたが、指摘通り穴埋めにはなりそうですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment