ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

バイオハザードヴィレッジ開発陣に、気になることをあれこれ聞いてみた!という記事を紹介!



バイオハザードヴィレッジ開発陣に、気になることをあれこれ聞いてみた!という記事を紹介!としていて、今語れることを発言しており、その辺は真相はどうなっているかというのが気になる話ですね。


Q.イーサン宅を襲撃するクリスは本人なのでしょうか?

A.クリス本人です。なぜ彼があのような行動を取ったのかについては、もちろん明かせませんが……。

Q.舞台となる村を“もうひとつの主人公”と表現されていますが、これは暮らす村人たちも含めた意味でしょうか?

A.村人たちと村自体のスケール感も含めて奥深く、主人公同等の存在感があるという意味が込められています。

Q.PVに胎児のようなシンボルや模様があり、未知の宗教的な怖さも感じました。

A.恐怖心だけではなく、生存している村人たちが祈ることで命の危険から救われるかもしれないという“何者か”の存在も示唆しています。

Q.クリーチャーに知性があるかも気になります。群れで行動するようですが……。

A.言語は話せませんが、群れをなす習性と武器を操る知性は持ち合わせています。

Q.「見るだけでもご自由にどうぞ」と話す男は、『バイオ4』の商人のようなもの?

A.詳しくは語れませんが、イーサンにとっては間違いなく“頼りになる”存在となります。

Q.2種類の25周年ロゴと記念イラストのコンセプトをお聞かせください。

A.『バイオハザード』のクールさとアイコニックなかわいらしさで25周年を盛り上げたい、との思いから2種類のロゴを採用しました。記念イラストのキャラクター選定とレイアウトはアートディレクターの高野も悩んでいましたが、25周年にふさわしいアートに仕上がったと思います!

Q.立体絵本のおとぎ話を読み聞かせる見せかたに惹き込まれました。この演出はゲーム内にも出てくるのでしょうか?

A.プレイアブルではありませんが、絵本の演出はゲーム内にも登場します。

Q.プレイステーション4とXbox Oneでの発売を実現できるかどうかで、乗り越えるべきポイントは何ですか?

A.没入感溢れるゲームプレイ体験を次世代ハードで実現することを最優先に開発を進めている中で、グラフィックの品質を含め現世代ハードでも同様に没入感溢れるプレイフィールがどこまで担保できるか、が重要なポイントだと考えています。

Q.メイキング映像にあった洋館のような場所も気になりました。このような建物も『バイオ』らしさのひとつとお考えなのでしょうか?


A.今作におけるホラーへのアプローチは、これまでの『バイオハザード』を象徴するホラーテイストも含めてバラエティーに富んでいます。そのなかのひとつである“ゴシックホラー”は『バイオ』らしさのひとつだと考えています。

Q.ファミ通読者および『バイオ』ファンに向けて、ひと言ずつメッセージお願いします。

A.いつも『バイオハザード』シリーズを応援いただきありがとうございます。ファンのみなさまに最高におもしろい体験をお届けできるよう、引き続き開発チーム始めプロジェクト関係者一同、全力を尽くしますので、今後の続報含めぜひご期待ください! (神田)

 ファンの皆様、いつも『バイオハザード』シリーズをプレイしていただき感謝しております。今回も美しくて品質の高いサバイバルホラー体験を提供できるようにチーム全員ベストを尽くしていますので、楽しみにお待ちください。(ピート)


関連リンク


気になることをあれこれと聞いており、噂では3月までには発売されるとしているので、PS5やXBOXで早い時期に楽しめそうですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment