ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ベセスダが開発しているスターフィールドでは、アニメーションシステムを次世代機に合わせて最新のものに作り直しているらしい



ベセスダが開発しているスターフィールドでは、アニメーションシステムを次世代機に合わせて最新のものに作り直しているらしいとしていて、時代遅れに感じていた部分だったとしており、これで改善されるかですね。


ベセスダのゲームが愛されていると同時に、ベセスダのタイトルはキャラクターのリアルなアニメーションがあまり知られていません。しかしべセスダは、期待のアクションRPG『Starfield』でこれを変えようとしている。

ベセスダのゲームは、広大なオープンワールドで知られており、興味深いキャラクターやクリーチャー、伝承、クエストなどが盛りだくさんだ。しかし、多くのファンは『Skyrim』や『Fallout 4』、『Fallout 76』のようなゲームのキャラクターアニメーションが硬く、時にはバグを起こすこともあるため、『ウィッチャー3』のような同世代のライバルゲームと比較すると、ベセスダのゲームがグラフィック的に時代遅れに感じられることに同意しています。それが『Starfield』では変わるかもしれない。ベセスダの次の大型タイトルでは、これまでのゲームでは採用されていなかった新しいアニメーションシステムが採用されるという新たな証拠が出てきたからだ。

その証拠に、観察力のあるLinkedInユーザーは、ベセスダのアニメーターEric Braun氏のプロフィールにStarfieldのアニメーションシステムへの言及があることに気づいた。Braun氏は 『experience 』セクションの下に、Bethesda MarylandのSenior Programmerとして自身をリストアップし、『Starfieldのアニメーションシステムを一から作り直した 』と書いている。

先月ベセスダのTodd Howard氏がStarfieldについて語ったことを考えると、このニュースは理にかなっています。ベセスダがMicrosoftに買収されたというニュースを受けて、Todd Howard氏はXboxポッドキャストに出演し、開発者がStarfieldとThe Elder Scrolls 6のためにゲームエンジンを完全にオーバーホールしなければならなかったことを確認しました。

ゲームに関する情報は、先月オンラインでリークされた一連のStarfieldの画像を除けば、まだ乏しい状態が続いています。流出した画像からは、ゲームの最初の一面を垣間見ることができ、ファンは画像からいくつかの明らかになった詳細を知ることができました。いくつかの画像には、『No Man's Sky』と同様のサバイバル要素を備えている可能性を示唆するメーターが描かれています。その他の画像からは、宇宙船や隔離された研究所など、興味深いオブジェクトやロケーションが確認できます。

ベセスダはいつリリースされるのか、どのシステム向けなのかはまだ発表していません。ベセスダがマイクロソフトに買収されたことで、Xbox Series XとSで独占的に発売される可能性がありますが、ある業界アナリストはPS5でも発売されると予測しています。多くのファンはこのタイトルが2020年末にリリースされると推測していましたが、現在では2021年末までには手に入れることを望んでいるようです。なお、ベセスダは来年まで『Starfield』の新たな情報が明らかにならないことを確認しています。


関連リンク


エンジンを一新してアニメーションが強化されるらしいとしており、その辺は最新のハードに合わせて作り直したようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment