ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Watch Dogs Legion』におけるマイクロトランザクションの存在を紹介!



『Watch Dogs Legion』におけるマイクロトランザクションの存在を紹介!としていて、海外産のゲームでは当たり前のように搭載されていますが、ゲームに対してどのような影響を与えるのかというのを見ておきたいですね。


Ubisoftの最近のAAAタイトルの多くと同様に、『Watch Dogs Legion』にも独自のプレミアムシーズンパス、DLC、そして興味のあるプレイヤーのためのゲーム内マイクロトランザクションが用意されている。すでにUbisoftはWatch Dogs LegionのAssassin's Creed DLCについて話していたが、Ubisoftはマイクロトランザクションがゲーム内でどのように機能するかについてはまだ話していなかった。

そして今、UbisoftはついにLegionのマイクロトランザクションとシーズンパスコンテンツからプレイヤーが期待できることを詳細に明らかにした。Watch Dogs Legionのゲーム内ストアでは、プレイヤーにスキンや工作員、新しいマスクなどのオプションのコスメティックを購入する機会を提供するようです。

Watch Dogs Legionをあまり詳しく見ていない人にとっては、このゲームはこの秋にリリースされる最も興味深い作品の一つになりそうだ。Watch Dogs Legionのユニークでオプションのpermadeath機能のおかげで、このゲームは大量のバリエーションと、その後のプレイスルーのためのリプレイの価値を持っているように見えます。

Watch Dogs Legionには、プレイヤーが1回限りの料金で購入できるシーズンパスがあり、ゴールド、アルティメット、コレクターズエディションに含まれています。シーズンパスとは別に、Legionには独自のゲーム内ストアがあり、プレイヤーはリアルマネーを使ってゲーム内クレジットと交換することができる。

ユービーアイソフトのウェブサイトでは、『プレミアムストアでのコスメティックや工作物の購入にはWDクレジットを使用していますが、これは現実のお金で購入することができます。同サイトでは、マイクロトランザクションで購入した工作員には独自のゲームプレイの利点はなく、彼らのゲームプレイ能力、特徴、武器は街中の他のロンドン人にも見られる 』と言及しています。

さらに、ウェブサイトにはETOと呼ばれるゲーム内通貨を獲得する別の方法も詳細に記載されており、これによりプレイヤーはゲーム内の服や車の塗料などを購入することが可能となっています。ETOパックはマイクロトランザクションを介してLegionのゲーム内ストアで購入可能ですが、プレイヤーはLegionのメインストーリーやサイドミッション、リプレイ可能なアクティビティをプレイすることでも自由にETOを獲得することができます。Watch Dogs Legionのトレーラーには様々な衣装やマスクを身にまとった様々な工作員が登場しているので、Legionのキャラクターのカスタマイズオプションはかなり充実しているようだ。

マイクロトランザクションは現代のゲームでは避けて通れないものだが、『Watch Dogs Legion』に含まれているマイクロトランザクションはほとんど邪魔にならず、オプションであるようだ。Legionは、Pikmin 3 DeluxeやAmnesiaなどのタイトルと並んで、10月にリリースされる最大の作品の一つになりそうだ。

Watch Dogs Legionは10月29日にPC、PS4、Stadia、Xbox One向けに発売される。PS5版は11月24日に発売されますが、ゲームは11月10日に Xbox Series Xで発売されます。


関連リンク


マイクロトランザクションがゲーム本編の邪魔にならなければあっても構わないと思いますが、ゲームにどこまで関連づけるかというのは難しい境界線ですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment